フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

大阪を歩く!Ⅱ(その3:四天王寺Ⅲ)

いよいよ本坊庭園に突入する。

P1030974

P1030975

都会の真ん中に、ひっそり佇む庭園。微かにカラオケで絶叫するおばはんの声・・・

なんだこの異音は・・・?

そういや、ここから比較的近い青空カラオケが横行してたっけ?でも強制撤去されんかったっけ?

P1030976_2

P1030979

池の鯉を見る。人面魚?黄金系の鯉って、だいたい人面魚に見えてしまふ。

P1030980

P1030981

P1030983

P1030986

湯屋方丈である。江戸時代のものを移築したようだ。

P1030987

P1030985_2

庭園に対して、背後のビルディングが明らかに浮いている。違和感が面白い。

庭園を出てきた。青空カラオケさえなけりゃ、いい感じなのになあ・・・

P1030988

牛王?

P1030989

こちらは宝物館。今日はスルー

P1030990

六時堂が見えてきた。

P1030991

六時堂である。昼夜6回、礼賛を行うことから、その名がある。ここが四天王寺の中心道場だそうだ。

手前の石舞台では、毎年4月22日に舞が行われるらしい。

P1030992

六時堂の手前の亀の池は、文字どおり亀だらけだった。

これで、四天王寺の見学を終える。そういや、ここからでんでんタウンって、歩いていける距離やなあ。。。久しぶりに、行くか・・・。大学時代はよく行ったものだ。

ということで、このシリーズ、でんでんタウンに行き着くまでに、少しばかり見所があったので、もうちょっと続きますだ。

P1030993

おまけ:光り輝く聖徳太子

2010年8月29日 (日)

大阪を歩く!Ⅱ(その2:四天王寺Ⅱ)

四天王寺の続きである。

P1030951

この門の先は聖霊院、別名太子殿といい、聖徳太子を祭っているところである。

P1030952

P1030953

折角だからあがってみよう。

P1030954

奥にはどこかで見たような建物が・・・

夢殿か・・・

P1030956

何だこの階段は・・・?

降りてみようぜぃ!

・・・永代供養のようですな。。。

P1030957

何だ!?あの建物は・・・

ズーーーームイン!

P1030958

・・・厩戸皇子?

太子殿を出た。

P1030960

こちらは亀井不動尊である。

P1030962

えらい苔むしている。こんなん前に見たな。

P1030961

ちなみにすぐ隣の仏さんには水をかけてはいけない。

P1030963

こちらは亀井堂である。

P1030964

何かな?

P1030967

何でも供養を済ました経木を水に流せば、極楽に行けるらしい。ありがたい。

係りの人が経木をじゃぶじゃぶ洗っていた。

P1030968

庭園を見てみることにした。

P1030969

P1030970

P1030971

正面は五智光院である。私が目指すのは、本坊庭園であり、手前を右に曲がらなければならない。そんなことは露知らず、そのまま突っ切ってしまい。よく分からず、院の中まで行ってしまった。なにやらおかしいと感じ、人に聞いて、間違っていることを知った。微妙に分かりにくいのである。

P1030973

こちらが庭園入り口である。

次回へ続く。

2010年8月25日 (水)

大阪を歩く!Ⅱ(その1:四天王寺Ⅰ)

平成22年3月21日。

前日はJINの結婚式だった。披露宴はまったりとしていたのでよかった(一部、チキチキとかいう過激派に囲まれて恐ろしい目にあったが・・・←本当は私のくだらん旅日記を見てくれている奇特な方々だ。)が、二次会ではふじゅんの会のメンバー、社長とまきと一緒に幹事をする羽目になった。ほとんど社長とまきが進行してくれたので、楽は出来たが、気がつくと、精根尽き果てていた。折角の三連休に神戸に帰ってきたので、大阪でもぶらついてみた。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

そういや四天王寺って行ったことないや!ということで四天王寺に行ってみた。

P1030931

石の鳥居である。日本三鳥居のひとつらしい。13世紀に造られたそうな・・・。ほんまかいな

石の鳥居をくぐる。

P1030932

早速、西大門が見えた。これは戦後の再建である。

P1030933

西大門をくぐる前に、乳に反応してしまい、少し寄り道をする。

P1030935

このお堂に乳・・・、乳布袋様が・・・

P1030936

順番を並ぶと、やがて乳白色の布袋様が・・・

とりあえず、乳を揉んだ。

ちなみにこれは撫で仏で、本尊は布袋堂の中に鎮座されておられた。

P1030937

西大門をくぐる。

P1030938

この先が金堂やら五重塔がある中心エリアである。

P1030939_2

早速、五重塔である。

P1030941

金堂である。本尊は救世観音だ。

P1030944

講堂である。

P1030945

さて、四天王寺であるが、山号を荒陵山(あらはかさん)という。宗派に属さない独立したお寺だ。6世紀末に建設が開始されており、日本最古の官寺ということだ。といっても、何回も焼失しており、第二次世界大戦でもしっかり燃えてしまったので、ほとんどの建物は戦後のものである。

このお寺は聖徳太子縁の寺として名高い。かつて、仏教推進派の蘇我馬子・聖徳太子連合軍と廃仏派の物部守屋が戦った際、聖徳太子が四天王に戦勝祈願し、勝ったら寺を建てると約束したのが始まりである。大層由緒正しいお寺なのである。それが、いまや鉄筋コンクリートに・・・

P1030946

講堂と反対の南側に位置するのが、中門である。

この中門から五重塔、金堂、講堂と北へ一直線に伽藍が並んでおり、この様式を四天王寺式というらしい。

中門をくぐり、中心伽藍を出た。

P1030950

振り返り、中門を眺める。

P1030947

P1030948

しっかり仁王様が守っておられた。

P1030949

中門の前には、熊野権現礼拝石が置いてあった。ここから熊野詣でができるのか?

さて、中心伽藍は見学を終えたが、四天王寺の境内巡りはもう少し続く。

2010年8月11日 (水)

中欧旅行記(その47:アムステルダム街歩きⅣ~帰国)

運河沿いを歩くと、マヘレの跳ね橋が見えてきた。

P1030750

P1030752

17世紀に造られたアムステルダムに現存する唯一の木造の跳ね橋である。

P1030755

早速渡ってみよう。。。

P1030756

すっかり舗装されており、あんまり雰囲気がない。

P1030757

確かに木造だ。ペンキ塗りたてなのか、結構臭った。

P1030758

P1030759

渡り終えた。

P1030754

ふと運河を眺めると、水鳥が優雅に泳いでいた。

P1030762

折角だから、近くのワーテルロープレインから地下鉄に乗ってみた。

P1030763

P1030765

一駅目のニューマルクトで降りた。

地上に上がると、そこはニューマルクト広場であり、その中に計量所がある。

P1030766

計量所は、元々城壁の一部であった。17世紀に広場に開かれた市場の計量所として1階が使われるようになった。ちなに2階はギルドだったとか。。。今現在はネカフェである。

ここニューマルクトからアムステルダム中央駅はすぐ近くである。ぶらぶら歩きながら行ってみよう。

P1030768

P1030767

街角の魚屋である。あまり美味そうに見えないなあ。。。

P1030769

おお!こりゃ、関帝廟か何かでは?この辺りは中華街のようだ。そういえば、見るからに華僑っぽい人たちが歩いていた。

P1030770

P1030771

P1030772

なんとなく気になったお店があったので、入ってみた。コミック屋みーっけ!おまけに日本の漫画が置いてあるぞ!これはオランダ語の漫画が買えるか?・・・よく見たら英語でした。

店の親父が興味深げにどっから来たかとか、話しかけてきた。そりゃ、こんな店に日本人が入ってきて、物色してたら興味持つわな。一冊くらい買いたかったが、全て英語だったので、やめた。英語版は日本でも買えるしなあ。。。

P1030773

いよいよアムステルダム中央駅に戻ってきた。まだ少し時間があるので、駅の近くの聖ニコラス教会に行ってみた。

P1030774

中に入ると、こじんまりとしているが、なかなか厳かな雰囲気でよかった。19世紀に建てられたカトリックの教会である。

さて、少し早いが、微妙なので、空港に向かう。行きと同じく、列車に乗り込む。

P1030777

空港に着くと、空港を散策する。そういえば、昼食を食ってなかった。あまり腹が減っていないので、クロケットというコロッケを食った。売店に設置されたコインロッカーのようなボックスにクロケットが入っており、コインを入れると扉が開き、中のものを取り出せる仕組みだ。見るからに美味しくなさそうな作り置きのクロケットに期待はしていなかったが、意外にも非常に美味かった。こんなものまで美味いとは、今回の旅は本当に食に恵まれた旅であった。

しばらくすると、JINとの集合時間である。ちょいとトイレと歩いていると、偶然にも向こうから歩いてくるJINと再会した。お互い無事を確認し、ホッとしたところで、二人でトイレに駆け込んだ。

聞けば、JINはクロケットを食えなかったらしい。大層悔しがっていた。その代わり、街で美味い食事にありつけたようだ。

それにしても今回は、食の旅であった。多少変なやつもいたが(オースチとか)、基本親切な人が多かったような気がする。そして、中欧は真冬に行くもんじゃないというのも分かった。とにかく寒かった。道路が普通に凍っていたし・・・

昨年と違い、帰りの飛行機も恙無く、運行した。

こうして、関空に着いたのだが、タクシーで実家に急いで帰り、スーツに着替え、親友の古着屋(元古着屋店員)の挙式に行った。しかも、二次会まで出席した。かなりハードであった。

後日談

2月14日(日)に柳川に帰り、仕事をこなし、3月初めに神戸に帰り、古着屋と篠山マラソンを完走し、再び柳川に戻り、さらに仕事をして、またまた神戸に帰り、JINの結婚式に出席し、二次会の幹事の一人として役目を終え、柳川に帰ったとき、インフルエンザと思われる風邪に倒れた。ちと飛ばし過ぎたか・・・

2010年8月 7日 (土)

中欧旅行記(その46:アムステルダム街歩きⅢ)

ダム広場から西に進む。

P1030739

P1030740

西教会が見えてきた。

P1030741

17世紀に建造されたもので、レンブラントの墓があるそうだが、今回はスルー・・・

この西教会の裏に、あの「アンネの日記」で有名なアンネ・フランクの隠れ家があるのだ。せっかくだから見ていくか・・・

P1030742

・・・やっぱやんぴ!

あまりの多さに諦めた私は次の目的地に向かう。

トラムに乗り、ムント塔にやってきた。

P1030744

かつては城壁の一部で見張り塔であった。その後、17世紀に城壁が焼失し、塔だけが残ったそうだ。かつてムントという貨幣を鋳造していたことからその名がある。

ムント塔から東に進み、Gシアターを二軒ほど通り過ぎると、レンブラント広場がある。

レンブラント広場とは、レンブラントにちなんでおり、「夜警」のシーンが立体像で表現されたオブジェがある。

P1030748

・・・・・?

P1030746

これはレンブラント・・・

P1030747

どうやら撤去されたようだ。意味わからん!

P1030749

市庁舎見えたところで、次回へ続く。

2010年8月 4日 (水)

中欧旅行記(その45:アムステルダム街歩きⅡ)

カフェ・アメリカンからJINと別行動である。JINは猫の博物館とやらに行くと言っていた。さりげなく猫好きをアピールしてくる。でも猫アレルギーじゃなかったっけ?

私はダム広場のほうでも言ってみるかと考えていると、JINからコーヒー屋で豆を買って来いと指令を受けた。しゃーない、、、行ってみるか。。。

P1030719

P1030720

アムステルダムを歩いていると、このような運河を何回も渡る。それもそのはず、この街はアムステル川を塞き止めて造られた街なのだ。そもそもアムステルダムのダムはあのダムだ。

トラムに乗りつつ、ダム広場にやってきた。

P1030722

これは新教会である。

P1030723

こちらが王宮(工事中)である。もっとも国王は普通いない。普段はハーグにいるようだ。そもそもアムステルダムは首都ではあるが、国会やら首都機能は完全にハーグに移転されている。名誉首都みたいなものか・・・?

P1030724

これがダム広場だ。

P1030725

さて、JINご要望のコーヒーでも買いに行くか・・・

P1030728

しばし歩くと、旧証券取引所が見えてきた。

この旧証券所取引所の裏路地にお目当てのコーヒー屋がある。

P1030733_2

ヘールスというお店である。ガイド本に載っていた。お店に入る。なかなか粋なお店だ。よく分からんが、ブレンドを買った。後で聞くと、なかなか美味だったそうだ。

それにしてもこの通り、かなり怪しい。

P1030732

道行く人のスキンヘッド率が異様に高い。

そもそもコーヒー屋の隣はS○○ショップだし、○イシアターが普通にあるし、なんちゅー街や!

P1030731

マ○ックマッ○ュ○ー○がどうとか・・・

ちなみにこういうドラッグに販売店はコーヒーショップというらしい。ほんとの喫茶店はコーヒーハウス。。。紛らわしい。。。

P1030734

そんな怪しい通りのすぐ近くに旧教会がある。16世紀の教会らしい。

P1030736

P1030737

P1030738

こんなちょいと不気味なエリアは早々に立ち去るべし。。。

早歩きで退避した。街歩きはまだまだ続く。。。

2010年8月 1日 (日)

中欧旅行記(その44:アムステルダム街歩きⅠ)

アムステルダム・スキポール空港に着いた。

P1100868

さすが、ヨーロッパの玄関口である。でかい。

P1100869

P1100870

スキポール空港からアムステルダム中央駅までは鉄道を使う。

P1030704

20分ほどでアムステルダム中央駅に着いた。なかなか粋な駅舎だ。

P1100873

トラムに乗り込む。街歩きにはトラムの一日乗車券が便利だ。

P1030706_2

P1030707

アムステルダム国立美術館に着いた。

P1030708

19世紀の建物なので、そろそろ老朽化しつつあるということで修復工事がされるはずだったが、なんか地元の反対で計画が頓挫しているそうな。。。おかげ本館はこの有様だ。作品自体は見れる。

さっそく中に入る。アムステルダム観光は、JINと別々にすることになった。ま、第一目的地はお互いに美術館だったので、内部の見学から勝手に行動することになった。

・・・う~む。さすが、オランダ美術。素晴らしい。

ここの注目はレンブラントとフェルメールだ。中でもレンブラントの「夜警」は、美術の教科書だけでなく、世界史の教科書でもお馴染みの超大作だ。

ま、ここで画像もなし(撮影禁止)で、どうこう言っても仕方ないので、感想は素晴らしいとだけ。。。是非、訪れてほしい美術館である。

続いて、てくてくと歩き、

P1030709

P1030710

フィンセント・ファン・ゴッホ美術館にやってきた。

P1030711

えらい、近代的なビルディングだ。文字通り、ゴッホ作品を中心とした美術館である。

早速中に入る。

・・・ゴッホ作品に舌鼓を打つ。ちょいと私の好きな作品がなかったが、まあ、よしとしよう。

・・・あれ?JINがいる。似たような行動をしているようだ。

せっかくなので、この後、お茶でも行くかという話になった。

P1030712

P1030713

やってきたのは、カフェ・アメリカンである。

P1030714

P1030715

なかなか粋なカフェだ。

P1030716

朝はカプチーノがよく似合う。

P1030718

ちょいと甘いものでも・・・

さて、お茶を飲んで、ほっこりしたところで、街歩きに繰り出すとするか・・・

JINと分かれた。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »