フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その39:サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会) | トップページ | 中欧旅行記(その41:ヴェネツィア街歩きⅡ) »

2010年7月14日 (水)

中欧旅行記(その40:ヴェネツィア街歩きⅠ)

ヴェネツィアの街歩きを楽しむ。

P1030600

こういう隙間、いいですね~

P1100717

カーニバル用のマスクが売ってあった。鳥マスクが大層気に入った私は最後まで買おうかどうしようか悩んだが、飛行機に持ち込むのめんどくさいし、途中で割れそうだし、苦労して持って帰ったら、興奮が冷めて、置き場所に困り、後悔しそうなので、やめた。

P1030602

JINがふらふらと街角のお店に入っていった。どうやら、これが昼飯になりそうだ。

P1030601

パニーニってやつか!?では頂きます!

うまい!相当うまい!

こんなの例えば、ロンドンで食ったら、ぼられるは、まずいは・・・

P1100718

P1100719

P1030605

サン・マルコ大聖堂にやってきた。

P1030606

見事なファサードですな。

P1030607

ちょっと入ってみた。

見事だった。

P1030608    

奥のほうは有料のようだったので、諦めた。なかなかのものだったが、サン・ピエトロやカンタベリーを見てきた私とJINにとっては、度肝を抜くほどではなかった。

P1030609

「は、コスチュームやマスクになるだ」?

英語を読む限り、カーニバルのマスクと衣装で入ってくるなという意味だろう。どんな日本語やねん!

P1030610

誰や!?このおっさん・・・

P1030611

P1030612

P1030617

おう!海鳥!

P1030618

P1030619

カエルをもったマッパの少年。。。身長は高いので、意外と大人?

P1030621

この変態、人気あるぞ!?

P1030625

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会である。名前、長っ!

P1030628

船の上がマーケットになっている。野菜がいっぱい・・・

P1100726

P1100727

いったん、駅まで戻ってきた我々は、預けていた荷物を受け取り、ホテルに行くことにした。それにしても、預け料がべらぼうに高かった。物価高いのか?ぼられているのか?

ホテルは駅から程近い、ボスコロ・ベリーニである。チェックインを済まし、部屋に行くと、、、

P1100764

何でダブルベッドやねーーーーん!!!!

途方にくれる私。。。JINはフロントと交渉する。部屋を代えてもらおうとしたが、ベッドは離脱可能らしく、自分で離せとのこと。。。ただし、妙な誓約書にサインをさせられた。イタリア訛りの英語に悪戦苦闘するJIN。私はそもそも英語が苦手だ。パニックになりそうだった。後で、冷静になったJINが言うには、ホテルの格付け調査員じゃないよね?とかそういう項目の確認だったらしい。

とにかくJINとダブルベッドという黒歴史を回避することができたところで、再び街に繰り出した。

« 中欧旅行記(その39:サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会) | トップページ | 中欧旅行記(その41:ヴェネツィア街歩きⅡ) »

イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その39:サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会) | トップページ | 中欧旅行記(その41:ヴェネツィア街歩きⅡ) »