フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その35:ザッハー・トルテ!) | トップページ | 中欧旅行記(その37:ヴェネツィアの水上バス) »

2010年6月29日 (火)

中欧旅行記(その36:ウィーン街歩き~ヴェネチア)

ザッハー・トルテを堪能したところで、夜のウィーンを練り歩く。

P1100591

夜のシュテファン大聖堂である。

先ほどザッハー・トルテを食ったばかりだが、時間的にも頃合なので、レストランに入る。

P1030511

早速注文の品がやってきた。

P1030513

スープと、

P1030512

ヴィーナーシュニッツェルである。やたら薄くたたき延ばされたカツである。

味は非常に美味である。しかし、カツは分厚いほうが・・・

P1100595

これがないと始まりませんな。。。

晩飯を食ったところで、再び散策する。

P1030518

夜の楽友教会である。なかなか美しいライトアップだ。

P1030517

いよいよウィーンともお別れのときが来た。

P1100604

P1100606

電車に乗り込む。

P1100607

P1100608

ウェルカムドリンク等(水以外有料)が置いてあった。

明日の朝には、次の目的地ヴェネチアに着く。それまで、およそ12時間の列車の旅である。

プラハからブダペストに移動したときと同じように車両担当にパスポートを渡した。

やがて、列車が動き出す。いよいよ出発である。さらば、ウィーン

さて、疲れ果てた私は、衣服を脱ぎ散らかし、早々に寝てしまった。中欧の旅から帰国後、デジカメデータをチェックしていると、見知らぬ画像が、、、パンツ一丁の私の寝姿・・・

JINはよほど暇だったと見える。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

起きると、朝だった。  

P1030519

車窓を眺めながら、JINとくつろいでいると、海が見えた。アドリア海と思われる。

海上を突っ走り、やがて、ヴェネチア駅に着いた。

P1100612

P1100615_2

担当のおっさんに別れを告げ、ヴェネチアのホームに降り立った。

P1100616

P1100617

P1100619

駅で、荷物を預け、水上バスの一日乗車券を購入すると、いざ、街に繰り出そう!

P1100621

駅を出ると、最初からクライマックスだった。まさか、いきなりヴェネチアチックな光景が広がっているとは、、、こいつは楽しみだ。

P1100620

次回から本格的にヴェネチアを散策する。

« 中欧旅行記(その35:ザッハー・トルテ!) | トップページ | 中欧旅行記(その37:ヴェネツィアの水上バス) »

イタリア」カテゴリの記事

オーストリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その35:ザッハー・トルテ!) | トップページ | 中欧旅行記(その37:ヴェネツィアの水上バス) »