フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その34:シュテファン大聖堂) | トップページ | 中欧旅行記(その36:ウィーン街歩き~ヴェネチア) »

2010年6月27日 (日)

中欧旅行記(その35:ザッハー・トルテ!)

足の乳酸痛が癒えたので、階段を下りることができた。

P1100557

P1030480

トラムに乗って移動する。

P1030481

ふと市庁舎が見えたので、途中下車してみた。19世紀のもののようだが、日本でこんな市庁舎は見たことがない。さすがである。

P1030482

市庁舎の向かいは、ブルク劇場である。

そこから少し歩くと、国会議事堂がある。

P1030483

議事堂へ道を渡ろうとすると、、、

P1030484

おう!?

P1030485

普通に馬車が通り過ぎた。。。

P1030487

P1030492_2

議事堂の前にあるのは、アテナの噴水という。もっとも水はない。

P1030490

ええ乳しとるなあ・・・

そんな卑猥なことを考えてしまう。

国会議事堂のインフォメーションに入る。あいにく、内部を見学するには、ツアーを予約しておかなければならないらしく、断念する。お土産ショップで物色するJIN。。。

JINの納得がいったところで、再び移動を開始する。

P1030493

ちょうとバスに乗って移動。。。

P1030494

なんか音楽家かな?

P1030495

ウィーン国立歌劇場である。なんでも、パリのオペラ座、ミラノのスカラ座に並ぶオペラの聖地のようだが、価値のわからない私の琴線には触れなかった。

P1030497

歌劇場の裏にザッハーというホテルがある。

P1030498

そのザッハーにあるカフェがかの有名なザッハー・トルテのカフェ・ザッハーである。

今回の旅の目的のひとつは、このザッハー・トルテを堪能することである。ケーキは普通に好きな私と甘党のJINとの漢の約束なのである。

かつて、新婚旅行でウィーンを訪れたという監督も、

「まーくんは、ザッハー・トルテを食べたことがないんですか?私は食べましたよ。本当に美味しかった。ザッハー・トルテも食べたことがないなんて、まーくんもまだまだこわっぱですね。ところでうちの娘は可愛いですよ。」

と、自慢げに語っていた。

いよいよ突入する。

ドアマンが扉を開けてくれる。クロークでコートを預けると、席に通された。

注文はもちろんザッハー・トルテである。

ウェイターのおっちゃんは、内心では、「日本人、そればっかしねー」と思っているだろうが、そんな顔は微塵も見せず、笑顔で対応した。プロである。

しばらくすると、やってきた。

P1030501

P1030500

メランジュと

P1030499_3

これが夢にまで見たザッハー・トルテである。

じゃじゃじゃじゃ~、いただきますよ~

P1030505

びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛

私の美味さ表現の最高点「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛」がでた。なんとも濃厚なチョコレートケーキである。

ザッハー・トルテだけでは物足りないとJINが言う。JINはアプフェルシュトゥルーデルを注文した。

P1030507

ちょいと半分もらう。

びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛

本日二度目である。さすが、ザッハーなのである。

それにしても、感じのよい店である。ちょいとお堅いのかと思えば、ウェイターの笑顔が素晴らしい。記念撮影にも気さくに対応してくれる。まさにプロフェッショナルを感じる店であった。

すっかり堪能して、店を出た。

なお、カフェ・ザッハーから少し離れたところにザッハー・トルテが売ってあり、買って行ったのは言うまでもない。一つは両親に、もう一つは、今度結婚する親友の古着屋(元古着屋店員で趣味が古着集めであるのでこのあだ名)のお祝いに。。。

« 中欧旅行記(その34:シュテファン大聖堂) | トップページ | 中欧旅行記(その36:ウィーン街歩き~ヴェネチア) »

オーストリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その34:シュテファン大聖堂) | トップページ | 中欧旅行記(その36:ウィーン街歩き~ヴェネチア) »