フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その33:ホーフブルク) | トップページ | 中欧旅行記(その35:ザッハー・トルテ!) »

2010年6月25日 (金)

中欧旅行記(その34:シュテファン大聖堂)

ホーフブルクから北東に歩く。

P1030442

グラーベンという道に出た。

P1030443_2

グラーベンのど真ん中に立つ怪しげな塔は三位一体像、すなわちペスト記念柱である。

ブダペストにもよく似たやつがあった。

P1030444_2

グラーベンから東に歩くと、シュテファン大聖堂が見えてきた。

P1030450

P1030448

シュテファン大聖堂は、12世紀ころの小さな教会が母体となり、14世紀にルドルフ4世により大教会に変身している。世界遺産にも登録されている、教会だ。

P1030447

早速中に入る。

P1030451

中を練り歩く。

P1030453_2

P1030454

P1030455

キリストはんが吊り下げられている。

P1030456

P1030457

北塔の入り口付近にある壁には、「歯痛のキリスト」なる像がある。

P1030458

歯痛に苦しむ苦悶の表情に見えるとか、悪人を歯痛にして懲らしめるとか・・・

P1030460

めっちゃ歯ぁ~痛いわぁ~

P1030461

大丈夫か!?助けに来たぞ!

P1030462

なかなか趣のある教会であった。

この教会には北塔と南塔のツインタワーが備え付けられている。いずれも見学可能であるが、折角なので、南塔に登ることにした。

いったん外に出て、南側に回ると、南塔上り口が見える。受付で見学料を払い、早速上る。北塔にはエレベータがあるそうだが、南塔は螺旋階段をひたすら上る。その高さ137mである。

P1030464

やたら狭い石の螺旋階段をひたすら上る。なんだか、 あの教会を思い出した。

ま、あの教会に比べたらたいしたことはないがね。

P1030465

P1030466

おっ!平地か?

P1030467

あっ!無意味に外に出た。

P1030468

再び屋内に入り、螺旋階段地獄が始まる。

P1030469

頂上かと思いきや・・・

P1030470

まだありまっせ!

P1030471

P1030472

P1030473

う~ん、たいがい足に乳酸が溜まってきたぞい!

P1030474

あれ?扉?いよいよ頂上?

扉を開ける。

P1030475

頂上には、みやげ物が置いていた。ちなみに店番のおっさんは延々と携帯電話でべらべらしゃべっていた。

P1030477

景色がよろしいな。。。

さて、特に何もないので降りたいのはやまやまだが、足が・・・

« 中欧旅行記(その33:ホーフブルク) | トップページ | 中欧旅行記(その35:ザッハー・トルテ!) »

オーストリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その33:ホーフブルク) | トップページ | 中欧旅行記(その35:ザッハー・トルテ!) »