フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その32:美術史美術館Ⅱ) | トップページ | 中欧旅行記(その34:シュテファン大聖堂) »

2010年6月18日 (金)

中欧旅行記(その33:ホーフブルク)

てくてく歩き、カールスプラッツまでやってきた。

P1030395

このカールスプラッツ駅舎は一風変わった建物である。1899年に完成した世紀末建築の一つである。

ここから少し東に歩くと、楽友協会である。

P1100456

P1030396

19世紀に建設された建物である。ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の本拠地であり、ベートーヴェンなどの自筆の楽譜が見れたりと、クラシック音楽好きには堪らない所であるが、私には特に興味が持てない。

内部の見学は、時間が指定されたツアーのみである。JINは大層行きたがっていたが、美術史美術館で時間を喰ってしまったので、間に合わなかった。JINにとっては遺憾である。

P1100459

未練は残して、次に進む。

P1030397

ホーフブルクにやってきた。ホーフブルクは王宮のことである。13世紀につくられたと言われており、その後、ハプスブルク家の王宮となって、神聖ローマ帝国、オーストリア・ハンガリー王国の宮殿として使われてきた。

P1030398

この門はブルク門である。ミヒャエル門という門が正門になるので、これは裏門みたいなもんだ。

P1030399

門をくぐると、英雄広場に出る。

P1030400

P1030401

英雄広場から歩くと、旧王宮の中庭に出る。真ん中の像はフランツ2世の像である。

P1030402

P1030403

これはスイス門。かつて、マリア・テレジアがスイス近衛兵に警備させていた。

P1030404

この門はミヒャエル門という正門である。といっても裏門にあたるブルグ門から入ってきたので、こちらがわはホーフブルグの内側から見た門ということになる。

P1030405

ミヒャエル門の中は、思ったより長い。トンネルのようだ。

P1030407

上を見上げると、なかなかいい天井をしていた。

P1030409

こちらがミヒャエル門の表側?である。4っつのむさ苦しい像があるが、全部ヘラクレスらしい。ミヒャエル門は18世紀に建てられた。

とりあえず、ホーフブルクを突っ切ってみた。ここで、JINの提案で、ホーフブルク内の国立図書館に行くことにした。

P1030410

受付を済ますと、なにやら石版が壁に貼られたゾーンに・・・

P1030411

階段を上る。

P1030412

階段の壁にも石版が貼り付けられている。なんとも古そうであるが、何なのかはわからない。

P1030413

やたら重苦しい扉の向こうが図書館である。

P1030414

これは素晴らしい!

18世紀にカール6世が建設した書庫で、現在は国立図書館となっている。

P1030415

P1030416

天井のフレスコ画が素晴らしい。

P1030418

P1030435

西洋の古い本と言えば、こういう背表紙のイメージがある。本好きな私としては、ただ古い本が並んでいるだけで、うっとりする。

P1030433

P1030423

P1030424

P1030425

図書館の中にはいくつかこういった彫像が立っていた。彫像と本が何か関係あるのかは不明だが、とにかく芸術性を感じた。

P1030426

P1030429

図書館の一番奥である。

P1030436

地球儀?

この図書館であるが、人気が無いのか人があまりおらず、静まり返ってなかなかいい雰囲気であった。

こうして図書館を出る。

図書館を出たところで、JINと別れることになった。別に喧嘩別れではない。私は旧王宮を見学したかったし、JINはデーメルのトルテに興味があった。

P1030440

旧王宮は、1階が宮廷の食器などがひたすら展示されていた。2階が皇帝の居室やらエリーザベト皇妃の博物館などがあった。エリーザベト皇妃は最後の皇帝フランツ・ヨーゼフの嫁で、ドイツから嫁いできた。宮廷暮らしが馴染めず、また人付き合いが苦手らしく、その上、浪費家ととんでも皇妃であると思うが、何故か人気がある不思議な人だ。個人的に息子が死んだ後、ずっと着ていたという黒いドレスの部屋が大層不気味であった。そして、このあたりで、デーメルで堪能したJINに遭遇した。結局、旧王宮も見学したJINなのであた。写真撮影禁止のため画像を残せていないが、感想を言うと、シェーンブルン宮殿のほうがあか抜けている。

こうして、ホーフブルク見学を終えた。

« 中欧旅行記(その32:美術史美術館Ⅱ) | トップページ | 中欧旅行記(その34:シュテファン大聖堂) »

オーストリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その32:美術史美術館Ⅱ) | トップページ | 中欧旅行記(その34:シュテファン大聖堂) »