フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その31:美術史美術館Ⅰ) | トップページ | 中欧旅行記(その33:ホーフブルク) »

2010年6月11日 (金)

中欧旅行記(その32:美術史美術館Ⅱ)

美術史美術館に入る。

P1030359

P1030358

エントランスは吹き抜けになっており、天井はドーム上だ。

P1030361

展示ルームは2階と中2階のような1階部分からなる。2階が注目の絵画の展示場で、1階が彫刻などが置いてある。

とりあえず、1階を見学する。

P1030362

入ると、いきなりミイラ棺だった。もうミイラは間に合っている。

P1030363

P1030364

P1030365

P1030366

P1030367

P1030368

あれが大変なことになっている。。。

P1030371

P1030372

おう!でかい足だ。

P1030373

エジプトからギリシアになってきたのかな?

P1030374

なんか体型が変?

P1030375

P1030376

ケンタウロスかな?

P1030377

こんな親父いそうやな。。。

P1030378

これはひょうきんなお顔で・・・

P1030379

顔が三つで乳三つ・・・

P1030380

P1030381

P1030382

P1030383

P1030384

P1030385

P1030386

おう!金ぴか・・・。きれいですな。

P1030387

緑の河馬・・・。

これで1階の散策を終える。

続いて、いよいよ2階である。

P1030388

P1100434

P1030391

正面階段を彩る絵画は大変美しい。天井画はハンガリーのムンカーチという人の作品だそうだ。

P1030392

2階には大層お洒落なカフェがある。JINとお茶をしようかと相談していたが、時間の都合上行けなかった。残念である。

さて、肝心の絵画コーナーであるが、残念なことに写真撮影禁止である。

要点だけ・・・

とっても有名な絵は、、、

「草原の聖母」(ラファエロ)

「バラ色のドレスのマルガリータ王女」等(ベラスケス)

「ゴリアテの首をもつダヴィデ」等(カラヴァッジョ)

「バベルの塔」等(ブリューゲル(父))

「火」(アルチンボルド)

他にもルーベンスやらヴァン・ダイクの作品が多くある。他にもあまり知らない人たちの絵が多くあったが、いずれも凄い迫力だった。

そして、何より・・・

「画家のアトリエ」(フェルメール)!

かつて、神戸市博物館の特別展で見て、感動を覚えた作品が再び・・・!!!

それも神戸で見たときは、離れたところから見させられたが、今回はすぐ眼前に・・・!!!

凄い!凄すぎる!

これにはJINと二人鼻息を荒くしてしまった。

この後、数々の作品群に興奮を覚え、JINとはぐれてしまい、時間超過でこの後、JINが楽しみにしていた楽友教会に行けなくなってしまった。おかけで、JINの機嫌を損ねてしまった。

美術史美術館の見学を終えた。次回は友情の危機?

« 中欧旅行記(その31:美術史美術館Ⅰ) | トップページ | 中欧旅行記(その33:ホーフブルク) »

オーストリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その31:美術史美術館Ⅰ) | トップページ | 中欧旅行記(その33:ホーフブルク) »