フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その26:王宮) | トップページ | 中欧旅行記(その28:とあるワインバーにて・・・) »

2010年5月28日 (金)

中欧旅行記(その27:英雄広場)

国立歌劇場付近でバスを降りると、しばし街を散策した。ハンガリーの磁器ショップ、ヘレンドを物色したが、あまりの高価にJINと二人意気消沈した。もう少し安ければ、買ったのに・・・

P1030276

P1100286

P1100287

P1100288

そして、地下鉄に乗る。

P1030277

P1100290

改札機である。ここで刻印を押さなければ、キセルで厳しく罰金をとられるらしい。今回旅した街は基本的にこのタイプばかりだ。日本のような改札が珍しいのか?

P1100289

乗り換え・・・

P1100291

P1030281

文字通り、吊革だ。

P1100292

P1100294 

P1030282

電車を降りる。

地上に上がると、市民公園で、セーチェニ温泉の近くだった。

P1100296

P1100297

ブダペストは温泉で名高い街である。セーチェニ温泉は温泉としては、ヨーロッパ最大の建物ということだ。身体も冷えているし、かなり疲れているので、是非入りたかったが、時間の都合上、諦めた。

市民公園付近をうろつく。

P1100299

スケートやってた。

P1030284

英雄広場が見えてきた。

P1030288

英雄広場は建国1,000年を記念して、1896年に造られた広場である。その名の通り、英雄たちの銅像が立ち並ぶ。

P1030287

ポールの上に立っているのは、大天使ガブリエルである。イシュトバーンを王と認めるよう、ローマ教皇に告げたという。足元の騎馬隊は、建国の父アールパードとその仲間たち(部族長)である。

P1030285

P1030286

左右の半円形の列中には、14体の英雄像が並ぶ。イシュトバーンやコシュートなど年代が異なる様々な英雄たちがラインナップされているのだ。

なお、近くには、

P1100305

西洋美術館と、

P1100306

現代美術館がある。

P1100307

さて、あの王宮の丘に夜景を見に行くか・・・

その前に一杯引っ掛けますか

« 中欧旅行記(その26:王宮) | トップページ | 中欧旅行記(その28:とあるワインバーにて・・・) »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その26:王宮) | トップページ | 中欧旅行記(その28:とあるワインバーにて・・・) »