フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その20:プラハ街歩き~ブダペスト) | トップページ | 中欧旅行記(その22:聖イシュトバーン大聖堂) »

2010年5月10日 (月)

中欧旅行記(その21:ニューヨーク・カーヴェーハーズ)

ブダペストに着いた。国際列車が発着するのは、東駅と西駅があるが、ここは東駅である。

P1100152

P1100156

P1100155 

P1030109

乗ってきた列車と記念撮影すると、警笛が鳴った。

思わずびびる私。。。改札のおじさんは爆笑・・・

とりあえず、街歩きの前に荷物を預けることにした。東駅の荷物預かり所は、改札内にある。分かりにくいので、駅員に聞くとすぐ見つかった。

扉を開けると、やたら薄暗い。やがて、怪しげな親父が現れた。何となく不気味である。いざ預けようとすると、ユーロとチョココルネチェココルナしかもっていないことに気づいた。JINが急遽、ハンガリーの通貨フォリントに両替しに行くことになった。親父が訝しげにしていたが、JINが事情を説明し、一応納得した。私は預かり所に留まった。

う~ん、別に堂ということはないのだが、人質になった気分だ。それもこのやたら薄暗い空間と怪しげな親父のせいだ。親父は無表情だ。もっと笑えよ・・・

やがて、JINが帰還した。やっと荷物を預け、ブダペスト編スタートだ。

P1100157

P1100159

東駅を出ると、すぐに一日共通乗車券を駅構内のおばさんから購入し、地下鉄に乗り込む。

P1100160

P1100161_3

P1100162

プラハ・ルイザ・テールで降りる。といっても東駅から1駅だ。冷やかしのようだ。

この駅で降りた理由は、ニューヨーク・カーヴェーハーズというカフェである。19世紀末にニューヨーク保険会社のブダペスト支店だった建物にオープンしたことから、その名がある。2006年に当時のとおり修復され、リニューアルオープンした。こういった歴史的なカフェに行くのは、無類のカフェ好きJINの希望である。

P1030112

まだ、開店前だったので、開店を持ち、中に入る。

P1100167

やたらかしこまった店員さんに促され、着席する。それにしてもすごい内装だ。私のような小市民はあまりの壮麗さに萎縮し、小便ちびりそうである。JINは場慣れしているのか、平静を装っていた。

珈琲だけ貰おうかと思っていると、店員さんにブレックファーストを薦められた。朝ごはんには結構な値段だ。しかし、かなり興味がある。JINも同意見だったようだ。20世紀風と19世紀風があったが、当然、19世紀で決まりだ。

P1030114

まずは珈琲がきた。う~ん、寝台列車で疲れた身体に染み入る、美味さだ

もよおしてきたので、しばし、手洗いへ。。。

帰ってくると、すでにブレックファーストが来ていた。

P1100168

美味そうだ。

では、頂く。

○が語りかけます。美味い!美味すぎる!

私が特に気に入ったのは、ピクルスだ。私にはハンバーガーに入ってるきゅうりか何かのイメージしかなかったが、他にもパプリカなどのピクルスがある。これがなんとも美味だった。こんな美味い朝飯はなかなかありつけない。幸せな気分になった。☆みっちゅです!

JINと二人ほくほくで、カフェから出た。

P1030115

ここからトラムに乗り込む。

P1100169

トラムを降りて、しばらく散策すると、国立歌劇場が見えてきた。

P1100170

P1100171

P1030117

スフィンクス?

P1030118

P1030119

P1030120   

次回は、聖イシュトヴァーン大聖堂である。

« 中欧旅行記(その20:プラハ街歩き~ブダペスト) | トップページ | 中欧旅行記(その22:聖イシュトバーン大聖堂) »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その20:プラハ街歩き~ブダペスト) | トップページ | 中欧旅行記(その22:聖イシュトバーン大聖堂) »