フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その24:くさり橋) | トップページ | 中欧旅行記(その26:王宮) »

2010年5月24日 (月)

中欧旅行記(その25:漁夫の砦)

バスを適当なところで降りた。王宮の丘である。

P1030217

P1030218

この妙な塔は、三位一体像である。18世紀にペストの終息を記念して造られたペスト記念柱である。ヨーロッパのいたるところにペスト記念柱があるが、何故、ペスト=三位一体なのか、、、わからん!とにかくごちゃごちゃした柱だった。

三位一体像のある広場を三位一体広場と言う。

P1030221

三位一体広場に面して、マーチャーシュ教会がある。あいにく工事中でネットを張ってあった。

P1030223

マーチャーシュ教会の奥に、漁夫の砦がある。

P1030224

おう!鷹だ。大道芸人とは目を合わせてはいけない。

P1030225

聖イシュトバーン像が出迎えてくれる。

P1030226

凛々しいですな。

P1030227

漁夫の砦は、1896年の建国千年を記念して、造られた。完成は1902年である。王宮の防備のためと言うよりは、記念碑的な意味合いが強いようだ。

P1030228

かつてここに漁師の組合があったことから、その名がある。そして、この砦の醍醐味は、白のとんがり屋根である。

P1030229

なんだこの階段は?

P1030230

とくに何も無かった。

P1030231

それにしてもよい眺めだ。あれは国会議事堂か・・・

P1030232

こちらには聖イシュバーン大聖堂である。

P1030233

P1030234

P1030235

P1030238

怪しげな像発見!

P1030239

こちらにも・・・

P1030241

P1030240

あれ?これ以上、見れないようだ。ここは雪がたくさん積もっているな。。。

P1030246

雪だ~(◎´∀`)ノ

これこれ、JINよ。私の名前をむやみに雪に書くでない!個人情報やぞい!

P1030248_3

階段を上り、砦の上を散策する。

P1030249

おう!イシュトバーンはんがこんなに近くに・・・

P1030250

砦の上から見る景色も抜群だ。

P1030251

くさり橋が見えた。

P1030252

P1030254

こちらは工事中のマーチャーシュ教会である。

P1030256

いつまでもここに居たいほど心地よいが、そろそろ行かねば・・・

まだまだいくとこともあるし、さっき、おば様がたくさん乗ったバスが王宮の丘を登っていくのが見えたし・・・

さて、飯でも食いますかね。。。

« 中欧旅行記(その24:くさり橋) | トップページ | 中欧旅行記(その26:王宮) »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その24:くさり橋) | トップページ | 中欧旅行記(その26:王宮) »