フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その21:ニューヨーク・カーヴェーハーズ) | トップページ | 中欧旅行記(その23:国会議事堂) »

2010年5月12日 (水)

中欧旅行記(その22:聖イシュトバーン大聖堂)

聖イシュトバーン大聖堂にやってきた。

P1030122

国会議事堂と並んで、ブダペストの二大観光スポットである。高さは国会議事堂と並んで、96mとブダペスト一の高さを誇る。1851年に着工し、実に54年の歳月をかけて、1905年に完成している。何故こんなに長くかかったというと、途中でクーポラが倒壊したからだ。

聖イシュトバーン大聖堂の名は、ハンガリーのキリスト教化に尽力し、列聖された初代ハンガリー国王イシュトヴァーン1世にちなんでいる。

早速中に入る。

P1030125

P1030124

なかなか美しい。

P1030126

これが一度は倒壊したクーポラか・・・

P1030127

P1030128

P1030129

P1030130

P1030132

P1030133

P1030134

しばらく内部を散策する。素晴らしい教会だが、私が是非見たいと思っていたものがない。どこかいな・・・?

懸命に探すと、祭壇裏に続く怪しげな道を発見した。ここに違いない。

奥に空間が広がっていた。

P1030135

イシュトバーン礼拝堂である。この黄金の聖遺物箱に入っているのは、、、

P1030143

イシュトヴァーン1世の右手である。すっかりミイラ化している。そういやローマでもザビエルの手のミイラみたなあ。。。

ジェズ教会

この聖遺物箱の前には、係りの人が立っていた。係りの人が「ここにコインを入れると、見れるよ。」と言う。見ると、コイン入れが・・・。入れてみると、きれいくっきり見えた。その結果が上の写真だ。

P1030141

めっさグーに握ってますな。

P1030139

逆方向は切断面となるが、ご覧の通り、金のカバーが装着され、グロさが分からないようになっている。

P1030144

どうやらかつて、レントゲンとか撮って、めがっさ調査したようだ。

P1030145

手のミイラに興奮を覚えつつ、聖イシュトバーン大聖堂を後にした。

« 中欧旅行記(その21:ニューヨーク・カーヴェーハーズ) | トップページ | 中欧旅行記(その23:国会議事堂) »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その21:ニューヨーク・カーヴェーハーズ) | トップページ | 中欧旅行記(その23:国会議事堂) »