フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その25:漁夫の砦) | トップページ | 中欧旅行記(その27:英雄広場) »

2010年5月26日 (水)

中欧旅行記(その26:王宮)

そろそろ昼食の時間である。適当にレストランに入ることにした。

P1100273

P1030257

ハンガリーと言えば、ワイン!トカイワインがなければ始まらない。なんか今回、飲んでばかりいるような・・・

P1030258

そして、グヤーシュを注文した。ドイツやオーストリアではグーラシュと呼ばれ、ビーフシチューみたいになっているが、ハンガリーのものはパプリカパウダー入りのコンソメスープである。

まずはワインで乾杯する。うむ美味である。

そして、グヤーシュ・・・。

美味い相当美味い

あまりの美味さにパンがよくすすむ。基本、コンソメスープであるが、パプリカパウダーの塩梅が実に素晴らしい。この美味さが忘れられず、この後、パプリカパウダーをお土産に買って帰ることになる。

たまにグヤーシュモドキ(肉なし)を作るが、適当に作ってもかなり美味い。パプリカパウダーは素晴らしい。ちなみにJINも同じものを購入したが、もうすでに使い切ったようだ。。。恐るべし自称料理の鉄人・・・

すっかり堪能して、レストランを後にする。

王宮に向かって歩く。

P1030259

下手なバイオリニストの演奏を無視し(JINは酷評していたが・・・)、歩く。

P1030260

元々、この地に城が建てられたのは、13世紀の蒙古襲来後である。よっぽどモンゴル軍が怖かったのだろう、当時の王、ベーラ四世はかなり徹底して要塞を築いたようだ。

その後、改築、破壊、再建を繰り返した。現在のものは、1950年と新しい。

P1030261_2

なにやら面白げな像が・・・

P1030262

P1030263

P1030264

P1030265

P1030266

P1030269

見晴らしのいい所にきた。くさび橋やら国会議事堂が実に美しく見えた。

P1030268

JINにより、橋の夜景観測スポットに認定された。夜にまた来なければ・・・

P1030270

別の方角を見ると、密かに巨大な像が・・・

聖ゲッレールト像ではないかと思われる。

聖ゲッレールトはハンガリーにキリスト教を伝道した聖人で、反対勢力によりワイン樽に生きたまま詰められ、この丘からドナウ川に投げっぱなされるという、凄まじい死に方をしている。丘の名も聖人にちなんで、ゲッレールトの丘である。

そろそろ麓に戻るために移動する。

鳥の像があった。   

P1030273

ハンガリーの基礎、アールパード朝の初代君主アールパードを生んだとする伝説の鳥トゥルルである。てっきり鳥から王様が生まれたのかと思いきや、おかんが身ごもったときに夢の中で「アールパード身籠ったで!」と告げたようだ。

P1030274

これは何か分からんが、気になったので撮ってみた。

P1030275

丘から麓まではケーブルカーで一直線だ。

P1100285

しかしながら、やっぱりバスに乗って麓に下りる二人。。。

« 中欧旅行記(その25:漁夫の砦) | トップページ | 中欧旅行記(その27:英雄広場) »

ハンガリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その25:漁夫の砦) | トップページ | 中欧旅行記(その27:英雄広場) »