フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その17:ネルドヴァ通り) | トップページ | 中欧旅行記(その19:プラハ城Ⅱ) »

2010年4月27日 (火)

中欧旅行記(その18:プラハ城Ⅰ(聖ヴィート大聖堂))

プラハ城に着いた。

P1020993

P1020995

正門の両側には衛兵がスタンバイである。寒そうだ。

P1020994

P1020996

正門の上には、何やら血生臭い彫像が立っている。「戦う巨人たち」という作品だ。

P1020997

正門をくぐると、次に見えるのは、マティアス門である。

P1020998

マティアス門をくぐると、中庭にでる。

P1030001

中庭を抜けると、、、

P1030003

巨大な教会が現れる。聖ヴィート大聖堂である。

P1030005

プラハ城内にあるこの教会は、チェコで最も大きく、重要な教会である。

P1030007

925年に初めの教会が建てられ、その後、11世紀にロマネスク様式に建て替えられ、14世紀に、現在のゴシック様式の教会が建てられた。

早速中に入る。

P1030008

荘厳だ。

P1030009

P1030010

ステンドグラスが美しい。

P1030011

P1030012

P1030013

P1030014

P1030015

P1030016

P1030017

P1030018

P1030019

P1030021

P1030020

聖ヤン・ネポムツキーの墓である。

P1030022

P1030023

ギンギラ銀である。さりげなく・・・

P1030024

何だ?この異空間は?

P1030025

P1030026

P1030027

聖ヴァーツラフ礼拝堂である。かなり美しい。

P1030028

最後にミュシャ(ムハ)のステンドグラスである。

P1030029

ミュシャといえば、チェコを代表するアール・ヌーヴォー画家である。それにしても、私の知るミュシャの作品とはイメージが違う。なんか怖いぞ!とにかく、名画家の作品を見て、とても興奮した。ムハだけにムハムハ・・・

P1030030

聖ヴィート大聖堂を出た。

« 中欧旅行記(その17:ネルドヴァ通り) | トップページ | 中欧旅行記(その19:プラハ城Ⅱ) »

チェコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その17:ネルドヴァ通り) | トップページ | 中欧旅行記(その19:プラハ城Ⅱ) »