フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その9:博物館島Ⅴ(新博物館)) | トップページ | 中欧旅行記(その11:ベルリン街歩き~プラハ) »

2010年4月 5日 (月)

中欧旅行記(その10:ベルリン大聖堂)

博物館島の中に、ベルリン大聖堂という教会がある。

P1020773

ルター派の教会で、王家の教会でもある。

P1020775

気色悪い銅像だ。

P1020777

P1020779

P1020780

中に入る。

P1020781

なかなかの教会だが、カンタベリーとかヴァチカンとか見てきた私とJINにとっては、少し物足りないのであった。

現在の教会の形になったのは、1905年にヴィルヘルム2世によって立て替えられてである。

P1020782

天蓋は、第二次世界大戦の被害を受けたようだが、1993年に修復されている。

P1020789

P1020788 

P1020783

P1020784

フリードリヒ・ヴィルヘルムの墓である。ブランデンブルグ辺境伯で、プロイセン王国の基礎を築いた人物である。

P1020785

P1020786

ヴィルヘルム3世の墓である。自由主義者で国民には愛されたようだが、在位3ヶ月で死んでしまうという悲惨な皇帝である。

P1020790

P1020791

フリードリヒ1世である。初代プロイセン王である。

P1020792

P1020793

ゾフィー・シャルロッテの墓である。フリードリヒ1世の妃である。フリードリヒ1世はぱっとしないおっさんだったらしいが、彼女の影響で学芸の振興を行い、初代プロイセン王にまで上り詰めた。しかしながら、フリードリヒ1世は優柔不断な性格から名君とは評されていないようだ。

P1020794

髑髏がなかなか恐ろしげだ。

P1020795

立派なパイプオルガンだ。

P1020796

P1020798

上に上れるらしい。

P1020797

P1020799

P1020800

おお!天井が近い。

今度は地下に潜った。

P1020801

P1020802

ご覧のように墓だらけだ。

P1020803

フリードリヒ・ヴィルヘルムとある。あれっ?上にも墓があったはずなのに・・・?

P1020804

こぎれいな墓ですな。

P1020805

真ん中がゾフィー・シャルロッテで、右がフリードリヒ1世、左が息子のフリードリヒ・アウグストである。上に墓があっても下にもあるようだ。なんでかは良く分からない。

今回の欧州研修も早速、教会に訪問した。今回もたくさん行くのかねぇ。。。

« 中欧旅行記(その9:博物館島Ⅴ(新博物館)) | トップページ | 中欧旅行記(その11:ベルリン街歩き~プラハ) »

ドイツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その9:博物館島Ⅴ(新博物館)) | トップページ | 中欧旅行記(その11:ベルリン街歩き~プラハ) »