フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その8:博物館島Ⅳ(ペルガモン博物館Ⅲ)) | トップページ | 中欧旅行記(その10:ベルリン大聖堂) »

2010年4月 1日 (木)

中欧旅行記(その9:博物館島Ⅴ(新博物館))

ペルガモン博物館を出て、新博物館に向かう。

P1020713

P1020714

まだまだ川には氷がある。気温は寒い、相当寒い。

P1020715

P1020717

少し並んでいた。

P1020716_3

向かいは、旧ナショナルギャラリーである。

中に入る。

新博物館は、博物館島にある5つの博物館のうち2番目に出来た博物館である。この博物館は第二次世界大戦で甚大な被害を受けた。その後、長らく閉鎖されていたが、ドイツ統一を機に、修復され、2009年10月16日に再オープンしたばかりだ。

中に入る。玄関から、左右に順路がある。左手の順路から進む。

P1020718

P1020719

P1020720

初めに自国の骨董品を扱った展示エリアを見学する。

P1020721

途中の通路から、ギリシア中庭と呼ばれるエリアを眺められる。こちらは後ほど、見学することになる。

P1020722

P1020723

P1020724

P1020725

P1020726

変な壷発見!何とも個性的な顔が付いている。

P1020727

これもなかなか個性的な顔だ。

続いて、地下に降りる。ここからはエジプトのエリアだ。

P1020728

P1020729

P1020730

P1020731

開けたところに出た。先ほど、覗き窓があったギリシア中庭である。

P1020732

P1020733

再び、エジプトエリアを散策する。

P1020734

P1020735

エジプトといえば、猫である。古代エジプトでは猫を神聖視していたのだ。

そういやあそこでもよく見たなあ。。。

P1020736

雄山羊様じゃ~(*´Д`*)

P1020737

P1020738

なんとなくきもいですなあ。。。

P1020739

ミイラ棺である。たくさん並んでいる。

P1020740

ちょっと人相悪そうですな。

P1020741

P1020742

P1020743

下にミイラが並んでいる。ミイラパッケージされてますなあ。。。

P1020744

こりゃ、カノプス壷というやつかな?ミイラ造りをする際、臓物(胃、肺、肝臓、腸)を抜き取り、保存するためのものだ。

P1020745

P1020746

P1020747_2 

なかなか個性的な人たちだ。

P1020748

P1020749

エジプト中庭に出た。いくつかの石棺が置いてあった。

P1020750

こりゃ、死者の書ですな。

P1020751

有名なのは、ここでしょう!

上に上がった。

P1020752

上から見ると、エジプト中庭はこのようになっている。

P1020753

P1020754

1階のまだ散策していないエジプトエリアを散策する。

P1020755

P1020756

Brelin Green Headというらしい。紀元前400年の古代エジプトのものらしい。エジプトなのに、ベルリン、コレ如何に?

P1020757

P1020758

P1020759

P1020760

二階に上がる。

P1020761

P1020762

P1020763

乗り物に乗って、楽しそうだな~

P1020764

P1020765

そして、この2階には、かの有名な「ネフェルティティの胸像」がある。

ネフェルティティとは、エジプト新王国時代第18王朝のファラオ、アメンホテプ4世(アクエアテン)の王妃である。また、トゥト・アンク・アメン(ツカンカーメン)の義母でもある。

エジプトの美女といえば、クレオパトラであるが、このネフェルティティも美女として有名である。TVでどこぞの西洋人がネフェルティティの生まれ変わりだとか言い出して、この博物館にある胸像に似せた整形をしたというのを見たことがある。かなり気持ち悪かった。

そんなネフェルティティの胸像は、トトメス(ナイルなトトメスとは関係ない?)の作と言われる。その後の芸術に多大な影響を与えた作品である。今回は、そんな世界の宝を見たいがために、この新博物館を見学したのだ。なお、この胸像であるが、エジプトが返還要求を過去再三しており、今後、どうなるか分からない。よって、今のうちに見てしまおうという狙いである。ま、エジプトに移ったら、エジプトに行けばいいだすけど。。。

で、「ネフェルティティの胸像」は特別室で展示されている。各入り口は警備員が目を光らせている。写真撮影も禁止されているので、カメラを取り出すと、怒られる。JINも怒られた。仕方ないので、しかと目に焼き付ける。

・・・きっつい顔しとるな。。。

西洋人の美意識はよく分からない。

とにかくインパクトのある像であった。是非実物を見ることをお奨めする。

ネフェルティティを見学し終え、ほぼ達成感があるが、見学は続く。

P1020766

いやん!マイッチング!

P1020768

P1020769

P1020770_2

恐怖!板人間!否!人間板!

三階に上がると、先史時代のコーナーであった。オオツノジカか何かの骨やら、先史時代の釣り針などがあった。

P1020771

先史時代のお骨である。

P1020772

時代が進むと、金のとんがり帽があった。これ欲しいな。。。一家に一台、金のとんがり帽。。。

こうして、新博物館の見学を終えた。

« 中欧旅行記(その8:博物館島Ⅳ(ペルガモン博物館Ⅲ)) | トップページ | 中欧旅行記(その10:ベルリン大聖堂) »

ドイツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その8:博物館島Ⅳ(ペルガモン博物館Ⅲ)) | トップページ | 中欧旅行記(その10:ベルリン大聖堂) »