フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その6:博物館島Ⅱ(ペルガモン博物館Ⅰ)) | トップページ | 中欧旅行記(その8:博物館島Ⅳ(ペルガモン博物館Ⅲ)) »

2010年3月29日 (月)

中欧旅行記(その7:博物館島Ⅲ(ペルガモン博物館Ⅱ))

前回の壷のあと、ふとショーケースを見た。

P1020629

P1020630

P1020631

ちっこい人たちが並んでいた。ちっこくてもしっかりとした物をお持ちだ。

P1020632

P1020633

P1020634

「傷ついたアマゾンの立像」というらしい。右手を上げているのは、右の脇下に傷があっり、出血しており、血が流れすぎないようにするためである。右の脇の下の臭いを嗅いでいるわけではない。臭いかもしれへ~ん

P1020635

こちらのおじさんは、小僧に自分の脇の下の臭いを嗅がせている!

・・・というわけじゃないよな。。。

P1020636

P1020637

なかなか味のあるお方だ。

P1020638

耳の下、めっちゃ痒いし~

P1020639

P1020640

こちらのお二人は、肩幅がほぼ顔の幅という、素晴らしいスタイルをもっていらっしゃる。

P1020641

あれ?なんかよく似た人を見たような気がするけど、、、

Img_2880_2

ご兄弟かな?ヴァチカン

P1020642

床ですな。。。

P1020643

崩れかけのライオン。。。

P1020645

薄暗い部屋にやってきた。

P1020644

ビッグフットがありますばい!

P1020646

なんとなく美人っぽい気がする。

P1020647

ゴーゴンの生首?

P1020648

P1020649

鉄仮面?

P1020650

温和な顔の太陽の塔っぽい。

P1020651

なんとなくえろい?

P1020652

P1020653

さっき似たポーズしてた人がいたけど、流行ってるのかな?

P1020654

P1020655

女の人かと思ったら、あれがあった形跡があるので、男のようだ。ちっ!撮り損か・・・。私が彫刻を撮る傾向は、まさに変なものか、女の人である。つい普通の男性像を撮ると、損した気分になるのだ。

P1020656_2

同じ男性像でも、こういう変態チックなのはいい。

P1020657_3

あれっ!?この人、さっきいなかったっけ?首の角度とか微妙に違うが、基本、アマゾンが脇の下を嗅いでいる脇の下の出血を防いでいる構図だ。

P1020658

P1020659

全身、鱗みたいなのついてまっせ!

P1020660

P1020661

P1020662

最後に変な顔、三連発が入ったところで、次回へ続く。

« 中欧旅行記(その6:博物館島Ⅱ(ペルガモン博物館Ⅰ)) | トップページ | 中欧旅行記(その8:博物館島Ⅳ(ペルガモン博物館Ⅲ)) »

ドイツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その6:博物館島Ⅱ(ペルガモン博物館Ⅰ)) | トップページ | 中欧旅行記(その8:博物館島Ⅳ(ペルガモン博物館Ⅲ)) »