フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中欧旅行記(その1:導入) | トップページ | 中欧旅行記(その3:ブランデンブルグ門) »

2010年3月10日 (水)

中欧旅行記(その2:ホロコースト慰霊碑)

平成22年2月7日。中欧旅行二日目開幕である。

メリヤベルリンで豪勢な朝食を堪能する。かなりお高い朝食であったが、非常に美味かった。特にソーセージが・・・

英気を養ったところで、街へ繰り出す。

フリードリヒシュトラーセ駅からSバーンに乗る。こちらの駅は改札がない。階段を上ると、いきなりホームに出る。自動改札に慣れた私にはとても不思議な光景だ。

P1020511

P1020519

電車の扉は、自分でスイッチを押さないと、開かない。日本でも北陸のほうがそういう形式だったような気がする。

P1020512

車内はすっきりとしており、新しくきれいだ。

P1020515

ひとまずくつろぐ。

P1020518

外は雪が積もっている。かなり寒い。

P1020520

一駅目のベルリン中央駅で下車する。今夜、ここから列車に乗り込むので、大きな荷物はここで預けることにした。

P1020521

荷物を預けると、次に移動する。

P1020522

駅の構内は、実に立体的な構造だ。自分が何階にいるのか、分からなくなってくる。

ここからUバーンに乗り、ブランデンブルガー・トーア駅を目指し、ブランデンブルグ門を見に行く。

P1020523

P1090571

なかなか美しい車内だ。

P1020524

何故かポツダマー・プラッツに着いた。

あっ!DBと書いてある。

間違えてドイツ鉄道に乗ってしまったらしい。

まあ、ここからブランデンブルグ門はそんなに距離が離れていないので、ゆっくり歩きますかね。

P1020525

ちなみに歩道はアイスバーン。。。

P1020527

P1020526

何気なくオブジェを見ると、どうやらベルリンの壁の残骸のようだ。

P1020528

P1090573

P1090576

こりゃ、ひょっとして東西ベルリンの境界跡か?

P1020529

ポツダム広場からブランデンブルグ門に向けて歩く。

それにしても一面の雪だ。雪は雪でも凍って、アイスバーンになっているので、性質が悪い。そんな中を現地人がジョギングしていった。恐るべしベルリンっ子!何故滑らない?JINさんですら、このあと、私の視界から消えたというのに・・・

P1020530

ふと見ると、奇妙な像が・・・

P1020531

何でしょう?

P1020533

しばらく歩くと、ホロコースト慰霊碑が現れた。

P1020534

ナチスのよって行われたユダヤ人虐殺。その被害者を弔うため、2005年に完成した慰霊碑だ。ご覧のように、夥しい数のコンクリート柱が建っており、何とも知れない不気味さが漂う。作者の意図するところはよく分からないが、大量虐殺の悲惨さを物語っているような気がするのだ。

P1020537

一体、何があった!!(゚ロ゚屮)屮

P1020538

意味深な血痕のことは忘却し、ブランデンブルグ門に向かった。

« 中欧旅行記(その1:導入) | トップページ | 中欧旅行記(その3:ブランデンブルグ門) »

ドイツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中欧旅行記(その1:導入) | トップページ | 中欧旅行記(その3:ブランデンブルグ門) »