フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 熊野鼓動不完全制覇(その14:那智滝) | トップページ | 京都迷宮入りⅦ(その2:伏見稲荷大社リベンジⅡ) »

2010年2月 2日 (火)

京都迷宮入りⅦ(その1:伏見稲荷大社リベンジⅠ)

平成21年12月30日。今年もわずか二日というときに、京都は伏見稲荷大社に行くことにした。平成19年にも訪れているのだが、そのときは時間が無くて、お山巡りができなかったので、今回はリベンジをすることにした。

なお、前回の記事はこちら

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

電車を乗り継ぎ、伏見稲荷大社までやってきた。

P1020297

明日は大晦日ということで、初詣を控えて、露店が慌しく準備をしていた。

P1020298

P1020299

楼門である。天正17年(1589年)に豊臣秀吉によって建てられたものとされている。

P1020300

P1020301

鳥居の前には、稲荷社らしく狛犬ではなく狐である。

P1020302

P1020303

定番の門守を見学し、楼門をくぐる。

P1020304

P1020305

拝殿である。早速お参りだ。

P1020306

P1020307

拝殿の両サイドには当然狐が控えている。

P1020309

神楽の撮影はダメ・・・と書いてあるので、神楽殿であろう。

P1020310

本殿を横から見たところである。応仁の乱で焼けたので、応仁の乱後、1499年に竣工ということだ。

ところで、伏見稲荷大社であるが、全国伏見社の総本社である。式内社にして、二十二社のうち上七社で、とんでもなく格式の高い神社である。官幣大社などは当然の如く、ついて来た格付けなのである。

宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)を主祭神としている。ま、お稲荷さんのことですな。

P1020311

P1020312

P1020313

本殿の裏手には、摂社末社があり、そこから彼の有名な千本鳥居へと繋がるのだ。

P1020314

さて、いよいよ千本鳥居の始まりだ。

P1020316

いつきても、ここは異空間な雰囲気が漂っている。俺、こういうの好きっちゃね~

P1020317

いったん鳥居が開けると、狛狐が鎮座し、その先は、ルートが二つに分かれる。どちらにしようかな・・・?折角だから、おれは左の赤の鳥居を選ぶぜ!

P1020319

鳥居が密に並びすぎて、視界が朱色だ。

P1020320

前方が明るい。どうやら開けた場所にでるようだ。

P1020321

奥社奉拝所である。この社殿は背後にある稲荷山を遥拝するところである。

P1020322

奥社奉拝所の右に、おもかる石という不思議な石がある。

P1020323

この燈篭の上にある石がおもかる石である。左側にもう一つある。願い事が叶うかどうか聞きながら、この石を持ち上げる。その石の重さが自分の予想より軽ければ、願いが叶い、重ければ難しいという。前回、「結婚!」といいながら揚げると、非常に軽かった。さて、今回は、、、

結婚~!!!!щ(゚Д゚щ)カモォォォン

・・・・

重~_| ̄|○

まだまだ結婚は遠いようだ。。。

P1020324

奉拝所の裏側である。それにしても、ショックが抜けない。これは、お山巡りで願掛けして、上書きしかあるまい。

次回はいよいよ前回果せなかったお山巡りである。

« 熊野鼓動不完全制覇(その14:那智滝) | トップページ | 京都迷宮入りⅦ(その2:伏見稲荷大社リベンジⅡ) »

京都府」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。