フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 2010年初夢シリーズ(その1:神呪寺) | トップページ | 中欧旅行記(その1:導入) »

2010年2月28日 (日)

2010年初夢シリーズ(その2:廣田神社)

地元から近いところでは、最も格式の高い廣田神社を紹介するときがいよいよきた。

廣田神社に着いて、まず思ったことは、参拝客少ないなあ。。。

?何で?

昨年の住吉大社などは最悪なくらい混んでいて、車を停めるのに苦労したが、今年は、神呪寺といい、廣田神社といい、すんなり停められた。

今年は、初詣客が少ないのか?我々がマニアックなところを選んでいるのか?

P1020472

さて、廣田神社である。

P1020473

私自身は、小学生のときに初詣に来て以来だ。20年ぶりくらいだろうか?確かあれは、三年連続御神籤凶という偉業を達成していた頃だ。今日は、リベンジとなるか?

P1020474_2

P1020475

P1020477

拝殿に行く前に、焚き火がしてあった。今日は寒いし、後で暖をとろう。

P1020476

拝殿が見えた。

P1020479

拝殿に行く前に、興味を惹かれるものを見つけた。御神水とな?

P1020478

何やらありがたそうな、水の音が聞こえるが、暗いのでよく分からない。

P1020480

気を取り直して、拝殿に向かう。

P1020481

拝殿である。

廣田神社は、旧官幣大社であり、式内社で、二十二社のうち下八社という、とてつもなく格式の高い神社である。

ご祭神は、天照大神の荒魂である。神宮皇后が三韓征伐に行く際、和魂が皇后を守護し、荒魂が先導するというご神託があったそうな。戻ってくるとき、船がぐるぐる回って、難波の港につけないので、何でや?となった。兵庫にて、天照大神に聞くと、荒魂は広田国に置いていけといったそうな。これが、廣田神社の創建秘話である。

P1020484

京に対し西に広がる廣田神社を中心とする神社群を「西宮」と称した。これが地名の「西宮」のルーツである。

P1020485

さて、参拝も終わったし、御神籤勝負と行きますかねщ(゚Д゚щ)カモォォォン

・・・・・・・末吉。微妙ですな。ちなみに今年は、JIN>くっぺちゃん>私という感じだった。JINさんは昨年、なかなか凄まじいのを引いただけに、今年はいいことありそうですな。くっぺちゃんも今年は、こけないように。。。

P1020487

P1020488

P1020489

さすがお正月!摂社末社も供物の貯蔵は満タンだ。

P1020490

P1020491

P1020493

P1020492

P1020494

P1020495_2

P1020496

最後に、この廣田神社は、毎年キャンプ前に、阪神タイガースの監督、コーチ、選手らが優勝祈願に参拝する神社として、寅吉には有名である。今年こそは頼んまっせ!と祈念するが、ま、二十年に一度くらいしか叶えてくれなかったりする。ま、そう毎年優勝したら、ありがたみないわな

P1020500

焚き火で暖をとる。今年はとてつもなくいいことがありそうな気がする気だけでもしてなきゃやってられない 強引に幸運の一年を妄想しながら、今年の初詣シリーズを終えた。

おしまい。

余談:今年はくっぺちゃんはこけなかった。

« 2010年初夢シリーズ(その1:神呪寺) | トップページ | 中欧旅行記(その1:導入) »

兵庫県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010年初夢シリーズ(その1:神呪寺) | トップページ | 中欧旅行記(その1:導入) »