フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 京都迷宮入りⅦ(その5:三十三間堂Ⅱ、智積院、養源院) | トップページ | 2010年初夢シリーズ(その2:廣田神社) »

2010年2月25日 (木)

2010年初夢シリーズ(その1:神呪寺)

毎度毎度のことながら、大晦日の格闘技イベントを惰性で見て、某国営放送の「行く年来る年」で今年はどこの寺がでるのかどきどきしがら、見ていると、年が明けた。

平成22年1月1日。平成22年が開幕した。

昨年、初詣を住吉大社などというビッグネームにして、大変だった反省から、今年は地元の神社若しくは寺にしようとJINと協議の上、決定した。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

くっぺちゃんがJINを乗せて、迎えに来た。

今年は、西宮の廣田神社に行くことにしたが、その前に、JINが甲山大師に行こうといいだした。

P1020449

さすが山だ。かなりの冷え込みである。

P1020451

かなり山の中だが、さすが元日だ。なんとなく活気がある。

P1020452_2

P1020454

着いた。甲山大師の正式名称は、西宮市甲山にある甲山神呪寺(かんのうじ)という。

神を呪うとは、何とも恐ろしい名前である。そのせいか、このお寺に近くに、名高い心霊スポットがある。名前は一見恐ろしいが、「神呪」というのは、「仏の真の言葉」という意味があるようで、実はとてもありがたい名前なのだ。

P1020461

P1020456_2

P1020464_2 

P1020455

除夜の鐘を参拝客がついている。我々も後で突きましょうかね

鐘の裏手にとても見晴らしのよい展望台があった。夏には捕まえた蝉など逃がしてやりたくなるってもんだ。

P1020456

神戸に生まれてよかった~

あっ!ここ西宮や!

P1020462

本堂のお参りする。

P1020463

さて、神呪寺であるが、真言宗御室派の別格本山ということで、甲山大師の異名の大師は当然、弘法大師様である。

P1020465

こちらは大師様ではない。ある意味スーパースターの賓頭盧尊者である。とりあえず、おびんづるさまを撫で回す。

P1020464

P1020466

おお!地蔵様が凍っている!

まさにアイスロックジャイロ!!(゚ロ゚屮)屮

相当冷え込んでいるようだ。

P1020467

鐘を鳴らす。今年もいいことありますように・・・

今年こそは・・・щ(゚Д゚щ)カモォォォン

P1020468

境内の裏手には多宝塔があった。

P1020470

さて、廣田神社に向かいますかね。

« 京都迷宮入りⅦ(その5:三十三間堂Ⅱ、智積院、養源院) | トップページ | 2010年初夢シリーズ(その2:廣田神社) »

兵庫県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都迷宮入りⅦ(その5:三十三間堂Ⅱ、智積院、養源院) | トップページ | 2010年初夢シリーズ(その2:廣田神社) »