フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 熊野鼓動不完全制覇(その9:熊野川川舟下りⅡ) | トップページ | 熊野鼓動不完全制覇(その11:大門坂) »

2010年1月21日 (木)

熊野鼓動不完全制覇(その10:熊野速玉大社)

舟が河原に着くと、熊野速玉大社まではすぐだ。

参道近くのみやげ物屋や飲食店のあるエリアで一次的に荷物を預かってもらえるようなので、重い荷物を置き、身軽になる。決められた時間に戻ると、舟下りの会社がバスで新宮駅まで送ってくれるらしいので、そうすることにした。

P1020190

どうやら、表参道をショートカットしたようで、いきなり神門が現れた。

表参道を戻ったところに、人だかりが見える。ちょっと行ってみるか。。。

P1020191

天然記念物の梛の木だった。かなり大きい。

P1020192

P1020193

P1020194

いよいよ神門をくぐった。

P1020195

P1020196

拝殿である。熊野速玉大社は熊野三山の一つで、熊野速玉大神と熊野夫須美大神を主祭神とする。元々、神倉山という山に祀られていたのだが、いつごろかこの場所に祭られるようになったとか。。。神倉山を元宮し、こちらを新宮ともいう。そもそもここ住所は新宮市になるわけだが、新宮があるから新宮市なのだ。

P1020198

真っ赤で美しいですな。ちなみに、社殿は、明治時代に全焼しており、再建だ。この火事の原因だが、なんと打ち上げ花火だそうだ。

P1020197

P1020199

近代社格制度では当初、県社であるが、大正時代に官幣大社に格上げされている。

参拝を終え、ここでも牛王符をゲットした。あと残りは、那智か・・・

帰りに梅干屋を見つけた。ここでは、男四人で梅干を買い求める光景が見られた。

« 熊野鼓動不完全制覇(その9:熊野川川舟下りⅡ) | トップページ | 熊野鼓動不完全制覇(その11:大門坂) »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。