フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 熊野鼓動不完全制覇(その1:導入) | トップページ | 熊野鼓動不完全制覇(その3:高原熊野神社) »

2010年1月 5日 (火)

熊野鼓動不完全制覇(その2:滝尻王子)

バスに揺られて、滝尻までやってきた。

P1020016

ここが熊野詣での入り口である。

P1020017

P1020018

ここには滝尻王子という神社がある。滝尻王子前にタクシーが停まっている。おそらく私らの呼んだタクシーだろう。ま、とりあえず、滝尻王子に参る。

P1020019

滝尻王子の正式名称は、滝尻王子宮十郷神社という。九十九王子の一つである。九十九王子は、昨今、流行っている?ハニカミ王子とは何の関係もない。熊野詣に際して、修験道によって組織された神社群で、熊野古道紀州路と中辺路にたくさんある。何故王子かというと、修験道の守護神は童子の姿であるという考えがあるらしく、そこから転じて王子なのだそうだ。

P1020020

P1020021

滝尻王子は、九十九王子の中でも特に格式の高い、五体王子の一つである。

P1020022

格式は高いが、実は、社殿は前方に見える小さなあれである。

P1020026

こんな小さなものとは思わなかった。

P1020023

P1020024

歌碑のようだ。

P1020025

P1020027

社殿は小さいが、境内は何となく厳かな雰囲気に満ちている気がした。

さて、先へ急ぐとする。

待たせていたタクシーに挨拶する。なかなか気のいいおじさんだ。茶屋のアルコール臭いおじさんと談笑していた。ところで、このアルコールオヤジは、有名な語り部らしい。

語り部とは、熊野古道のガイドさんのことである。

私たちが今回の旅の予定を申すと、二人一斉に無謀といわれた。

ま、遅れたし、余計難しいやろうね。

ということで、熊野古道完全制覇は未来に託し、今回はタクシーで掟破りの熊野古道巡りとする。

次回より、アルコール語り部さんとタクシーの運転手さんのチョイスで熊野古道を掻い摘んでいく。

今回の目的は、あくまで熊野本宮と速玉ですからっ!

« 熊野鼓動不完全制覇(その1:導入) | トップページ | 熊野鼓動不完全制覇(その3:高原熊野神社) »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。