フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 熊野鼓動不完全制覇(その10:熊野速玉大社) | トップページ | 熊野鼓動不完全制覇(その12:青岸渡寺) »

2010年1月24日 (日)

熊野鼓動不完全制覇(その11:大門坂)

熊野速玉大社を参拝し、新宮駅に向かうバスの中で、密かにめはり寿司を食す。

新宮に着いた。

P1020202

P1020200

一路、勝浦を目指す。

P1020203

さっき新宮駅で買っためはり寿司を食う。

P1020204

美味かった。昨日から何回食ったかなあ。。。

個人的に14年ぶりの勝浦に降り立つ。14年ぶりだが、何も変わらない町がそこにはあった。しいて言えば、オール食堂がなくなってたくらいか・・・

勝浦からバスに乗り、大門坂の入り口までやってきた。

P1020205_2

ここは、那智参道の入り口になる。いよいよ熊野三社参りがコンプリートされようとしている。

P1020206

P1020207

ここまでは、普通に民家の合間を通ってきており、そんなに雰囲気はない。

P1020209

いよいよ熊野古道っぽくなってきた。路の左右に聳え立つ二つの杉の大木は夫婦杉という。

P1020211

P1020212

多富気王子という。九十九王子最後の王子だそうだ。

P1020213

周囲には石仏があった。

P1020214

ふたたび古道を進む。

P1020215

P1020216

ここまで、はしゃぎまくりで駆け回っていた(周りの観光客からは冷たい視線を浴びた)せいか?バテてきた。恐るべし大門坂・・・(;;;´Д`)

P1020217

ちなみにここまで、道のりでのいつもの四人の動向はというと、私→落ち着き無く駆け回る。JIN→皇室アルバムのような足取りで興味深げに黙々と散策、しかも足は速い。社長&まき→いつもどおり二人で何やら討論をしている。ま、大した話じゃないですがね。二人はゆっくり歩いているため、結局、いつもどおり、私とJINが先行し、社長とまきが後から着いてくる構図が見られた。

P1020220

唐斗石とかいう石があった。祈り石だそうだ。ここで、祈るのかな?

P1020221

P1020222

前方が明るくなってきた。ゴールは近いのか?

P1020223

とりあえず、平地に出た。やれやれ・・・

P1020224

結構な道のりであった。。。

P1020225

また、坂道が・・・

P1020226

後ろを振り向く。なかなか高いところまで上ってきたものだ。

P1020227

やっと、念願の那智大社と青岸渡寺が見えてきた。

P1020228

観音堂が路の傍らにあった。

P1020229

P1020230

那智大社が見えた。さて、青岸渡寺から参拝しましょうかね。。。

« 熊野鼓動不完全制覇(その10:熊野速玉大社) | トップページ | 熊野鼓動不完全制覇(その12:青岸渡寺) »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。