フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 熊野鼓動不完全制覇(その5:湯の峰温泉) | トップページ | 熊野鼓動不完全制覇(その7:川湯温泉) »

2010年1月12日 (火)

熊野鼓動不完全制覇(その6:熊野本宮大社)

いよいよ熊野本宮大社である。

P1020069

熊野本宮大社は、熊野速玉、那智と並ぶ熊野三山の一つにして、熊野の中心である。主祭神は、家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)、別名熊野坐大神(くまぬにますおおかみ)である。社格は、式内社で、近代者社格制度では、官幣大社である。要するに、めちゃめちゃ格式高いということだ。

P1020070

P1020071

P1020072

石段の途中に、功霊社なるものがあった。摂社か末社である。

P1020073

P1020074

こちらも摂社か末社の祓戸神社である。

P1020075

いよいよ石段も最後だ。

P1020076

P1020077

清める。なかなかきれいな水だ。冷やっこかった。

P1020078

この門の向こうに本殿がある。

P1020079

門の上には、牛さんが・・・

P1020081

ここからは撮影禁止エリアである。

本殿には、上四社という四つの社がある。順に拝んでいく。

ちなみに中四社と下四社というのもあるが、それはここから少しはなれたところにある、旧社地にある。

それしてもさすが熊野詣の中心地だ。かなり雰囲気がある。これを写真に残せないのは残念だ。見たい人は是非行ってみてくだちい。

本殿を後にする。

P1020082

紅葉がきれいですな。

P1020084

こちらが拝殿のようですな。

P1020086

おお!八咫烏だ。八咫烏とは、神武天皇を大和国に導いた三本足の烏であり、神の使いだ。ここ熊野三山のシンボルでもある。戦国好きな雑賀衆の棟梁鈴木家の旗頭で有名だ。また、何故か日本サッカー協会のシンボルになっているので、日本代表のユニフォームに密かにデザインされていたりする。

P1020085

P1020087

また、拝殿前には、亀石と大黒石なる石が鎮座していた。どのあたりが亀と大黒なのかよく分からなかった。

ところで、熊野牛王符(くまのごおうふ)というものがある。熊野三山限定の特殊な神札である。鳥文字なるもので書かれており、デザイン的に惹かれるものがあったので、当然ゲットした。あと、新宮と那智にも同様のものがあるらしい。これはコンプリートしなければ!牛王符の使い方としては、一般的な、護符としてのものと、誓約書としてのものがある。昔は、このお札の裏に誓いの文を書いたらしい。そうすると、熊野権現に誓ったということになり、約束を破ると、地獄行きだったらしい。

すっかりいいものを獲得し、心踊りながら、熊野本宮を後にした。

ここから路線バスにのり、本日の宿泊先である川湯温泉に行く。

P1020088

バス停から大鳥居が見えた。この鳥居は、旧社地の大斎原(おおゆのはら)に建っている。明治まで、本宮はそこに建っていたが、中洲にあったため、洪水で流れてしまったそうだ。で、今の場所に移転したのである。

さ、いよいよ温泉楽しみなのである。

« 熊野鼓動不完全制覇(その5:湯の峰温泉) | トップページ | 熊野鼓動不完全制覇(その7:川湯温泉) »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。