フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 熊野鼓動不完全制覇(その11:大門坂) | トップページ | 熊野鼓動不完全制覇(その13:熊野那智大社) »

2010年1月25日 (月)

熊野鼓動不完全制覇(その12:青岸渡寺)

那智大社と青岸渡寺、どっちにしようかな?

P1020231

折角だから、俺はこの青岸渡寺を先に選ぶぜ!

ところが、那智大社を先に行ったほうが、スムーズに参拝できる構造だった。少し失敗だった。

P1020232

山門だ。ここにきての微妙な石段は、既に乳酸の溜まった足にはきついものがある。

P1020233

この青岸渡寺は、天台宗のお寺で、西国三十三箇所の第一番札所である。ちなみに、山号は当たり前だが、那智山である。

P1020234

P1020235

山門には立派な仁王が祀られている。

P1020236

まだまだ石段が続く。かなり萎える。

P1020237

やっと本堂に着いた。

P1020238

P1020239

P1020241

もともと、那智大社の一部であり、如意輪堂と称していたが、明治時代の神仏分離により、分けられた。それでも他の熊野三山は仏堂がぶっ壊されているので、青岸渡寺として、生まれ変われたここはましな方なのである。

参拝の後は、ご朱印をもらい、終了である。

この本堂の脇から、那智大社に行ける。この場合、昇降はないが、那智大社の脇から入ることになる。私とJINはあくまで正門にこだわり、石段を降りて、再び大社に上ることを選択した。社長とまきは、楽な掟破りを選んだ。

« 熊野鼓動不完全制覇(その11:大門坂) | トップページ | 熊野鼓動不完全制覇(その13:熊野那智大社) »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊野鼓動不完全制覇(その11:大門坂) | トップページ | 熊野鼓動不完全制覇(その13:熊野那智大社) »