フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 熊野鼓動不完全制覇(その13:熊野那智大社) | トップページ | 京都迷宮入りⅦ(その1:伏見稲荷大社リベンジⅠ) »

2010年1月29日 (金)

熊野鼓動不完全制覇(その14:那智滝)

いよいよ今回の旅行も、この那智滝を最終目的地とするのみになってしまった。

P1020263

那智大社から青岸渡寺を抜けて、那智滝に向かう途中で、那智滝が見えた。手前の三重塔は青岸渡寺のものである。

P1020264

こちらは大黒天堂がある。青岸渡寺のお堂である。

P1020265

古道の続きがあったが、今回は別の道を行くので、スルー・・・

P1020266

何やらお堂があるなと思って入ってみた。

P1020267

特に大したものはなかった。

P1020268

先ほど見えていた三重塔をスルーし、、、

P1020269

P1020271

石段を降りていくと、、、

P1020272

別宮飛瀧神社の鳥居が見えた。飛瀧神社とは那智滝のことである。

P1020273

P1020274

何かよく分からない石碑。。。

P1020275_4

下りの石段が続く。行きは良いが帰りはつらい・・・

P1020276

光ヶ峰遥拝石なるものがあった。光ヶ峰とは那智山の一つらしい。那智山とはいくつかの山の総称だそうだ。

P1020277

いよいよ那智滝だ。飛瀧神社という名があるが、神社というわりには、社がない。滝そのものがご神体という、ちょっと変わった神社なのである。

P1020280

那智滝である。那智滝といえば、日本一落差(133m)と名高い。だが、これはちょっと条件付ということらしい。あくまで直瀑(落ち口から滝壺まで一気に落ちるタイプ)でということらしい。しかも、択捉島にもっと落差のある直瀑があるらしく、非常に微妙だ。日本政府的には、那智を日本一としちゃー都合悪そうだ。

それとは別に、那智滝は日本三名瀑として名高い。もう二つは、袋田の滝と華厳滝である。

P1020279

滝の手前には、何やら神聖なものが・・・

P1020282

滝の右手から、より滝壺に近いところまで行ける。ただし有料。。。

P1020283

何やらありがたい湧き水があった。当然、ごきゅごきゅ飲んだので、私の命は延びたに違いない。でもこういうの前にもみたことがあるような。。。あれとかあれとか・・・

P1020284

P1020285

P1020286

P1020287

いよいよ滝に近づいてきた。

P1020290

大迫力だ。マイナスイオンの浴びすぎて、身体が負の電荷をもちそうだ。私がマグネットパワーマイナスを獲得したら、マグネットパワープラスの人とあの大技ができるかなあ・・・

P1020291

こちらから、より高みで滝を拝むことができる。

こうして、那智滝を後にした。ちなみに、やはり行きは楽だった石段がきつかった。

那智滝の前からバスに乗り、勝浦に戻ってきた。

P1020294

帰りの弁当やらお土産やら買って、いよいよグランドフィナーレが近づいてきた。

P1020295

P1020296

電車がきちまった。。。

P1090273

P1090274

最後はビールでおつかれ~

この後、一人関空から福岡に飛び立ち、帰るハメに・・・

おしまい。

« 熊野鼓動不完全制覇(その13:熊野那智大社) | トップページ | 京都迷宮入りⅦ(その1:伏見稲荷大社リベンジⅠ) »

和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊野鼓動不完全制覇(その13:熊野那智大社) | トップページ | 京都迷宮入りⅦ(その1:伏見稲荷大社リベンジⅠ) »