フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 琉球の雨(その7:斎場御嶽) | トップページ | 琉球の雨(その9:食!) »

2009年12月26日 (土)

琉球の雨(その8:中城城跡)

南城市から再び大移動し、中城城跡までやってきた。

駐車場に車を停めたが、思わぬ暴風雨になり、暫し車の中で待機する羽目になった。明日飛行機飛ぶんかいな?

しばらすると、雨が幾分ましになったので、意を決して車から降りた。おぉ、真っ直ぐ歩きにくいぞ!

事務所まで行くと、この暴風の中、見学するの?と半ば呆れられた。でも、100均で売ってる雨合羽を貸してくれた。その節は、ありがとうございました。

事務所前の坂を上がると、城跡ということだ。早速、見学する。

P1010872

途中で、なかなか見事な根の木に遭遇した。

P1010873

見えた。中城城跡である。築城時期は不明とのことだが、14世紀ころから徐々に増改築されたようだ。15世紀には尚巴志時代の政治家、護佐丸の城となっている。

P1010874

正面に見えるのは、三の郭の城壁か?中城城の石積みは野面積み、布積み、あいかた積みの三種類からなっているが、この三の郭は、最も進化したあいかた積みで構成されている。

P1010875

裏門である。なぜか、順路どおりにきたのに、裏門から入る。妙に違和感があるな。ペリー探検隊がここを訪れた際、この門のアーチをエジプト式と評したそうだ。エジプト式って、どんな式?エジプトに行ったことがないので、よくわからん。

P1010876

ま、門をくぐってみる。

P1010877

裏門を入って所は、北の郭である。

P1010878

P1010879

P1010880

石段を上がってみた。

P1010881

三の郭である。

P1010882

P1010883

再び降りる。

P1010884

P1010885

なんだ!?この階段は?

P1010888

入ってみようぜぃ!

P1010886_2

折角だから、俺はこの赤の井戸を選ぶぜ!

P1010887

コソバット筑前はきれいな水を手に入れた。

それにしてもきれいな水ですな。

P1010889

再び上に上がった。妙なゲートをくぐる。

P1010890

P1010891

P1010892

P1010893

二の郭である。

P1010894

P1010895

忠魂碑、日露戦争の戦没者を弔うものらしい。

P1010897

二の郭の城壁に上り、海を眺める。うん、暴風雨ですな。写真では分からないが、既に雨合羽はめくりあがり、壮絶である。結構濡れたが、デジカメが故障しないか冷や冷やものだ。

P1010896

あの門をくぐれば、一の郭である。

P1010898

P1010899

P1010900

折角の一の郭であるが、工事中で中に入れなかった。

P1010901

P1010902

ここに正殿があったらしい。

P1010903

P1010904

南の郭には、久高遥拝所がある。ここから久高島が見えるとは思えんが、気持ちだけでもってことかな?

P1010905

今度は首里遥拝所だ。

P1010906

P1010908

P1010907_2

雨乞いの御嶽とある。その名の通り、雨乞いの儀式を行うところであろう。だが、今の私には大きなお世話である。雨よ、止んでおくれ!

P1010909

P1010910

いよいよ最後である。正門だ。裏門から入り、正門に抜けるとは、違和感感じまくりである。

P1010911

P1010912

さて、帰ろうかと思い歩いていると、原っぱにでた。

P1010914_2

P1010913

この岩場は、カンジャーガマという。鍛冶屋跡ということだ。

P1010915

なんか黒ずんでいるが、ここで、火を起こしていたのかな?

これで、中城城跡の見学を終えた。

最後に雨合羽を事務所に返し、車に乗り込む。身体は雨でびしょ濡れだ。流石に冷えた。今日は、気分的にも天候的にも観光は無理だな。ということで、那覇まで車を返しに行った。

« 琉球の雨(その7:斎場御嶽) | トップページ | 琉球の雨(その9:食!) »

沖縄県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。