フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 琉球の雨(その1:首里城Ⅰ) | トップページ | 琉球の雨(その3:玉陵、龍潭) »

2009年12月14日 (月)

琉球の雨(その2:首里城Ⅱ)

琉球王国っぽい服装をしたおっちゃんに誘導され、南殿に入った。

P1010632

P1010633

ここには、書院、鎖之間と庭園がある。

どうやらこの先は、有料でお茶をくれるらしい。せっかくなので、お茶でもしていくことにした。

P1010634

P1010635_2

奥の鎖之間に通された。鎖之間とは、王子の控え室らしい。

やがて、お茶とお茶菓子がやってきた。

P1010636_2

お茶はさんぴん茶(ま、ジャスミン茶ですな。)である。茶菓子は花ぼうる、くんぺん、ちいるんこう、ちんすこうがあった。モサモサして美味かった。

P1010637

こちらは鎖之間の奥にある、裏御座である。

お茶も堪能し、ほっこりしたところで、書院の見学をする。

P1010638

P1010639

P1010640

書院は、国王が日常の執務を行う場らしいが、ちと味気ない気がする。

P1010641

こちらが庭園である。南国な感じだが、少し寂しげだ。この曇り空のせいか?

P1010642

P1010643

書院を見学し終え、続いて、正殿内部に突入する。

P1010644

P1010645

1階の下庫理に穴が開いており、皆下を覘いていた。どうやら、昔の遺構らしい。

P1010646

御差床(うさすか)である。玉座のことである。

P1010648

奥に2階に上がる階段が見える。

P1010647

1階は、政治を行う場ということだ。

P1010649

続いて2階に上がる。

P1010651

上がって、右手の格子の奥の部屋は、おせんみこちゃという。国王が女官と毎朝拝む場である。

P1010652

2階は大庫理という。正面は、御差床、つまり玉座である。1階は政治の場で、2階は儀式の場ということだ。

P1010654

P1010655

正面と左右に額が架かっている。「中山世土」は中山はずっと琉球国王の国やで。「輯瑞球陽」琉球に幸あれ。「永祚瀛壖」は琉球をずっと治めなあかんで。という意味だ。それぞれ清から贈られたものらしい。

P1010656

こりゃ王冠やね。正殿内部の見学を終えた。

P1010658

続いて、北殿である。

P1010659

首里城の復元模型が置いてあった。

P1010660

P1010661

中国が琉球王を任命する際の儀式を再現しているらしい。

北殿を出ると、何やら雨が降っていた。

P1010667

首里城を去る前に、もう一度正殿を外から見学する。

P1010664

左側は修理中であった。階段前にそびえる龍は、大龍柱という。普通は柱に彫るのだが、こうやって、独立して龍の柱が立っているのは、琉球独特らしい。

P1010665

大龍柱は左右対になっている。

P1010666

石段の上には、さらにミニな小龍柱が立っている。

P1010663

北殿の奥から、出口に向かう。

P1010669

P1010670

右掖門をくぐる。かなり雨脚が強くなってきた。

暫く進むと、歓会門まで戻ってきた。すっかりスコールとなったので、しばし雨宿りをする。少し弱まったところで、次の目的地に移動を開始した。

« 琉球の雨(その1:首里城Ⅰ) | トップページ | 琉球の雨(その3:玉陵、龍潭) »

沖縄県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。