フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 琉球の雨(その6:今帰仁城跡) | トップページ | 琉球の雨(その8:中城城跡) »

2009年12月25日 (金)

琉球の雨(その7:斎場御嶽)

今帰仁から南にひたすら下り、斎場御嶽(せーふぁうたき)までやってきた。

今帰仁は沖縄本島の北のほうにあり、斎場御嶽のある南城市は島の南である。かなり距離があるが、どうしても制限時間内に今帰仁とこの御嶽をこなそうと、ひたすらやってきたのだ。雲行きは大変怪しいが、とにかく見学だ。

御嶽とは、琉球における信仰の聖地である。斎場(せーふぁ)とは最高という意味で、この御嶽は、琉球王国最高の御嶽なのである。

P1010871

駐車場に車を停め、進むと、緑の館セーファに強制的に入らされる。ここで、チケットを購入して、先に進むのだ。館内は写真の展示等があった。

P1010830

緑の館を出ると、まず「斎場御嶽」の石碑がある。

P1010831

何やら熱帯チックな木々が生える山道を歩く。

P1010832_2

P1010834

この何気ない所は、御門口(ウジョウグチ)という。ここが御嶽への参道入り口なのである。

P1010835

P1010837

本土とは違う植生に興奮し、なんとなく川口探検隊になった気分だ。

P1010838

道が開けた。大庫理(ウフグーイ)である。ここが最初の拝所である。

P1010839

P1010842

なんとなく神秘性を感じる。

P1010844

大庫理から暫し歩くと、道が分かれる。右に曲がると、三庫理で、真っ直ぐが寄満である。真っ直ぐ進む。

P1010846

P1010847

ふと右手を見ると、小さな水溜りがあった。

P1010848

その名も「砲弾池」である。沖縄戦のとき、艦砲射撃により穴が開いたらしい。凄まじい威力だが、半世紀も経って、現存しているとは驚きだ。

P1010849

P1010850_2

P1010851

P1010853

寄満(ユインチ)である。ちょうど、大庫理のぐるっと廻って、裏側に当たる。寄満とは台所の意味らしいが、豊穣の満ちた所という意味もあるらしい。なんかよくわからんが、ここにたくさん供物を捧げたのかな?

P1010854

P1010855

いずれにしろ、かなり神秘性を感じる。

寄満から先ほどの分かれ道に戻る。

P1010856

途中、こんなのを見つけた。岩肌に根が・・・。テンションが上がる。

分かれ道を三庫理方面に向かう。

P1010857

三庫理(サングーイ)である。

P1010858

見事に直角三角形だ。この奇妙な岩には、今まで以上に神秘性を感じる。これぞ聖地という感じがする。

くぐってみる。

P1010860

頭上を見上げた。この割れ目が・・・(*´д`*)ハァハァ

P1010861

くぐった先から、後ろを振り返る。

P1010862

三角形の奥には、神の島「久高島」の遥拝所がある。

P1010863

P1010864_2

見えた。

もう一度、三角形をくぐる。

P1010859_2

三角形の手前の岩窪には、祭壇のようなものがある。二つの岩が天井部から突き出ているが、これは鍾乳石である。

P1010865

鍾乳石の下にそれぞれ壷がある。鍾乳石から滴る水を受け止める壷で、その水は、しきよたよる雨か美御水(シキヨダユルアマガヌビー)(奥)と雨たゆるあしかの美御水(アマダユルアシカヌビー)(手前)という。神聖な水なのである。

P1010866

P1010867

ちょっと溜まってるかな?なんかこぞんでそう。。。

P1010868

こうして、三庫理を後にした。

帰り道で、ご夫人二人が地面を見て騒いでいる。

P1010869

あっ!アカハライモリ!

P1010870

沖縄でもイモリの腹は赤かった。

斎場御嶽を後にした。

« 琉球の雨(その6:今帰仁城跡) | トップページ | 琉球の雨(その8:中城城跡) »

沖縄県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 琉球の雨(その6:今帰仁城跡) | トップページ | 琉球の雨(その8:中城城跡) »