フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 祐徳の旅(その3:清水の滝) | トップページ | 琉球の雨(その2:首里城Ⅱ) »

2009年12月13日 (日)

琉球の雨(その1:首里城Ⅰ)

平成21年10月23日から25日、沖縄にふらっと行ってきた。私自身、初めての沖縄上陸である。これで、経県値が4点も上がる。それでは開幕。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

宿は美栄橋駅から数分のところにとった。初めの目的地は首里城である。首里城へは首里駅までモノレールに乗ることになるが、その前に昼食を取る。

国際通りにある。「かどや」という店にやってきた。

P1010605

P1010604

ソーキそばを食った。非常に美味かった。

国際通りを歩き、牧志駅からモノレールに乗る。牧志駅の手前に外国人観光客から道を聞かれた。たどたどしく教えた。

ま、ここは国際通りか?と聞かれただけやからね。

首里駅にやってきた。首里駅からすぐかと思いきや、なかなか歩くハメになった。

P1010606

やがて、それらしい建物が見えてきた。

P1010608

なかなか雰囲気ありますね。

P1010609

何気なく見る。

P1010610

世界遺産でした。

P1010611

園比屋武御嶽石門という。石門の後ろの森が御嶽である。御嶽(うたき)とは琉球における信仰の聖域のことだ。国王が国内巡回するとき拝礼したり、聞得大君という神女の最高位が就任するとき最初に拝礼するといった、非常に重要な御嶽なのである。

あまりにも人がいなくて、見逃すところであった。皆さん、世界遺産ですよー

P1010612

やがて、有名な守礼門が見えてきた。

P1010613

首里城の城郭外にあるが、ま、ここが玄関口みたいなもんかね?二千円札で有名だ。ちなみに「守禮之邦」というのは、「琉球は礼節を重んじる国なんやで!」という意味だ。

P1010614

ここから首里城に入るのかと思い、「チケットを下さい。」というと、違うかった。ここは総合案内所であった。入り口は、守礼門を戻って、少し山側に行ったところらしい。どうやら変な所から来たので、守礼門を裏からくぐったようだ。(/ω\)ハズカシーィ

P1010615

歓会門である。

P1010616

ここから城郭内に入る。

P1010617

狛犬みたいに座っているが、シーサーか?

P1010618

歓会門を突破すると、次は瑞泉門である。

P1010619_2

P1010621

門の手前には、泉がある。

P1010622

龍の口から湧き水が出ているので、「龍樋」という。なかなかきれいな水が流れていた。ちなみに瑞泉門の名は、この泉に由来するそうだ。 

P1010620

何やら意味ありげな石碑が・・・「中山第一」

琉球は統一される前、北山、中山、南山に分かれていた。龍樋の水は中山一という意味でしょうな。

P1010623

瑞泉門をくぐる。

P1010624

すぐに漏刻門をくぐる。なんだか漏れそうな名前だが、櫓の中の水時計で時間を測っていたことからついた名前らしい。

P1010625

また門だ。今度は赤々して、かなりド派手である。

P1010626

広福門である。

P1010628_2

広福門をくぐると、いよいよ御庭に続く奉神門が見える。

P1010627

ちなみにこの箱庭チックなものは、「首里森御嶽(すいむいうたき)」である。当然、聖地であるが、そんな大層なものに見えない。実際、初めは、ただの植木だと思ったが、あまりにも木がぼおーぼおーで、逆に何かあるのかと気になって調べると、重要な場所だったという次第である。

P1010629

最後の関門、奉神門に突入する。3つの入り口があるが、真ん中の門は本来、国王など高貴な人しかくぐれない。今は、ここが料金所である。気分だけでも雅に高貴になって入った。

P1010630

正面が、首里城正殿である。当然、首里城の中心である。赤瓦が琉球っぽい。手前の広場は、御庭(うなー)という。真ん中の道は、国王以外通れない。広場が紅白に染め分けられているのは、官僚が並びやすいようにだとか・・・。ここで、儀式が催されたようだ。

首里城の説明を少しする。尚巴志の三山統一前から中山の城として存在していたようだが、統一後、琉球王家の居城として使用されるようになった。首里城は何度も焼失している。一番最近は、太平洋戦争の沖縄戦中である。現在のものは1992年に再建と、非常に新しい。その後、2000年に世界遺産に登録された。

琉球王国っぽい格好をした係員に南殿に行けと誘導された。

P1010631

ここから内部を見学できるらしい。次回は内部を散策する。     

« 祐徳の旅(その3:清水の滝) | トップページ | 琉球の雨(その2:首里城Ⅱ) »

沖縄県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。