フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 琉球の雨(その5:沖縄美ら海水族館) | トップページ | 琉球の雨(その7:斎場御嶽) »

2009年12月24日 (木)

琉球の雨(その6:今帰仁城跡)

今帰仁城跡にやってきた。

P1010802

雨がかなり降ってきた。どうやら台風が近づいているらしい。う~ん、明日帰るんだが、飛行機は飛ぶのか!?

P1010829

今帰仁城跡は首里城やらと並んで、世界遺産に登録されている。

P1010803

今帰仁城は、築城は13世紀頃といわれており、三山時代には北山王の居城だった。尚巴志に北山王が滅ぼされた後も、北山監守が置かれていた。琉球王国の重要拠点なのである。

P1010804

なかなか素晴らしい城郭ですな。

P1010805

平郎門をくぐる。

P1010806

平郎門をくぐり、両側を見ると、このような窪みがある。これは門番が見張りをするところである。

P1010807

平郎門の上に立つ。

P1010808

P1010809

石畳の道が続く。雨水が溜まり、非常に滑りやすかった。

P1010810

後ろを振り返る。泥水が溜まっているなあ。。。

P1010811

道を進むと、大庭に出た。行事に使われる広場である。

P1010812

P1010813

P1010814

見晴らしの良い場所に来た。御内原という、女官の生活の場所だったところである。晴れてたら、さぞ美しいのでしょうな。

P1010815

P1010816

滑りやすい道をびびりながら歩く。

P1010817

矢印があるが、何?

P1010818

P1010819

主郭エリアにやってきた。

P1010820

火の神様がいた。

P1010821

ここを進むと、志慶真門郭である。

P1010822_2

半分滑りながら、降りる。

P1010823

志慶真門郭である。城に仕えた人々の居住エリアである。

P1010825

ここに建物が建っていたようだ。

P1010827

P1010828

もっとゆっくり見たかったが、雨が激しくなってきたので、半ば強制的に見学を終了した。しかも身体も冷えてきたので、売店のソーキそばで温まった。

さて、次。

« 琉球の雨(その5:沖縄美ら海水族館) | トップページ | 琉球の雨(その7:斎場御嶽) »

沖縄県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 琉球の雨(その5:沖縄美ら海水族館) | トップページ | 琉球の雨(その7:斎場御嶽) »