フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« ソウル死闘編(その2:徳寿宮) | トップページ | ソウル死闘編(その4:明洞聖堂) »

2009年11月 6日 (金)

ソウル死闘編(その3:南大門市場)

徳寿宮をでてすぐにGS25なるコンビニがあった。

P1010214

GSといってもガソリンスタンドではない。ゴーストスイーパーでもない。

もとはLG25という名前だった。LGとは韓国有数の財閥LGグループのことだ。25とは24時間を超えるサービスをという意味らしい。LGはLucky Goldstarの略らしいが、数年前にLGグループから独立してGSグループを作ったために名称変更したのだ。GSはGoldstarの略らしい。韓国を代表するコンビニで顧客満足度一位を獲得するなど、かなり親切なコンビニらしい。一度は入ろうと思いつつ、結局入る機会がなかった。

徳寿宮から南に暫く歩くと、南大門が現れた。

P1010215_2

門などないではないかとお思いかもしれないが、前にある覆い隠された建物が南大門である。正式には、崇礼門といい、李氏朝鮮初代の李成桂が建てたものだ。その後、大きな改築、改修はあったものの、朝鮮戦争の戦禍までも逃れ、現代まで残ってきた。韓国の国宝第1号でもある。

そんな重要な文化財を放火した怪しからん輩が現れたのが2008年だ。初期消火の拙さもあり、なんと全焼してしまった。このときの衝撃を今でも覚えている。確か、食堂で監督と怪しからん!と激怒したものだ。

一刻も早い再建を望む。

南大門から少し路地に入ると、南大門市場が広がっている。

P1010217

P1010218

P1010219

完璧な偽物あるよ~ヽ(´▽`)/

いや!完璧な偽物って・・・(・_・)エッ....?

P1010220

屋台を見ると、エネルギッシュに誘われるが、なんかぼったくられそうで怖いですな。

P1010221

生牡蠣とかナクチとか売っているが、正直生ものは怖い。結局何も食べなかった。

P1010222

こちらが正門かな?ここで、日本人のご夫人が道に迷っていた。ホテルの位置が分からなくなったらしい。ここは男気を出して、教えてあげた。さて、我々は明洞聖堂のほうでも行って見ましょうかね。。。

P1010223

微かに見える物体は、ソウルタワーではないか?

P1010224

噴水ですな。

P1010225

明洞聖堂を目指していると、思い切りオーバーランしてしまい、別の教会に来てしまった。

P1010226

喉も渇いたし、とりあえず何か飲むとするか・・・

P1010227

柑橘系のジュースを飲んだ。ちょっとすっぱ甘さがひつこかった。

« ソウル死闘編(その2:徳寿宮) | トップページ | ソウル死闘編(その4:明洞聖堂) »

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソウル死闘編(その2:徳寿宮) | トップページ | ソウル死闘編(その4:明洞聖堂) »