フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« ソウル死闘編(その10:昌徳宮Ⅰ) | トップページ | ソウル死闘編(その12:昌徳宮Ⅲ) »

2009年11月18日 (水)

ソウル死闘編(その11:昌徳宮Ⅱ)

仁政殿を見学すると、いったん仁政門をくぐって、戻り、さらに肅章門をくぐる。

P1010403

P1010404

宣政門である。この奥に宣政殿があるが、門は閉ざされていた。

P1010405

横手に廻る。この青瓦が宣政殿である。王が日常業務を行うところである。

P1010409

宣政殿の右隣は、煕政堂である。もともとの便殿は先ほどの宣政殿だが、窮屈という理由から本来、国葬なんかを行う、この煕政堂に王は入り浸っていたらしい。

P1010408

P1010407

屋根の上を見ると、西遊記の面々?がここにもいた。

P1010410

煕政堂の裏側に廻る。

P1010412

P1010413

煕政堂の中は、カーペットが敷かれ、シャンデリアがあったりと西洋チックだ。 

P1010411

煕政堂の北側には、大造殿がある。

P1010414

煕政堂と大造殿は渡り廊下で繋がっているらしい。

P1010415

大造殿である。昌徳宮の寝殿であり、王妃の生活空間ということだ。

P1010418

大造殿周辺には付属する建物がいくつかある。その中で、大造殿の右側にある興福軒は、日韓併合条約を決めた場所である。

P1010419

大造殿の前には、水亀が置いてある。これは、この水に映った自分を見て、火の邪鬼がびっくらこいて逃げるという、火災防止のまじないである。

P1010421

P1010420

大造殿の中には、やたら高そうな長椅子が置いてあった。螺鈿というやつか?

P1010422

大造殿から煕政堂の方向に戻ると、ガイドさんがとある方向を指差した。屋根の壁面に「康」という字が彫られている。縁起がいいとのことだ。

P1010423

煕政堂に戻ってきた。

P1010424

煕政堂から東に向かうと、楽善斎のエリアがある。楽善斎は後宮である。

P1010425

こちらは、楽善斎の裏庭である。

P1010426

P1010428

高宗の息子で、李王となった李垠の妃である李方子が最後まで、ここ楽善斎で暮らしたらしい。なんとなくこじんまりしており、くつろげる空間だった。

次回は、昌徳宮後苑を散策する。

« ソウル死闘編(その10:昌徳宮Ⅰ) | トップページ | ソウル死闘編(その12:昌徳宮Ⅲ) »

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソウル死闘編(その10:昌徳宮Ⅰ) | トップページ | ソウル死闘編(その12:昌徳宮Ⅲ) »