フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« ソウル死闘編(その1:導入) | トップページ | ソウル死闘編(その3:南大門市場) »

2009年11月 5日 (木)

ソウル死闘編(その2:徳寿宮)

ホテルは、ニュー国際といい、ソウル市庁のすぐ近くだ。

P1010157

で、これがソウル市庁である。なんともド派手である。

そこから少し南に下ると、徳寿宮はある。

P1010159

P1010160

大漢門という徳寿宮の正門である。門のところにパンフレットがあった。かなりしっかりした造りだ。気合が入っている。このパンフレットによると、「大漢」とは「漢陽の勢力が栄える」という意味らしい。漢陽はソウルの李氏朝鮮時代の名前である。

なんかテンション上がってきた。

普通は入場料を払わなければならないが、今日は無料の日らしい。ラッキーだ

P1010161

P1010162

徳寿宮は、大韓帝国の正宮である。日韓併合条約が結ばれたのもここである。

P1010163

P1010164

徳寿宮の中心的な建物である中和殿の門である。中和門が見えてきた。

P1010166

門の前では、少年たちが独楽で遊んでいた。

P1010167

中和門をくぐる。中和殿である。中和殿は皇帝の即位式など重要な国家儀式にしか用いられない。

P1010169

中和殿の前に何やら墓石のようなものが・・・

P1010168

品階石という。官僚は九品という品階に分かれている。品階石は位ごとの立ち位置を示している。つまり、位が高いほど、皇帝の近くに立てるのである。

P1010170

P1010174

P1010172

龍の彫り物が施されている。他の宮殿は普通、鳳凰が彫られているが、ここは、大韓帝国発足後立てられた建物なので、皇帝を象徴する龍が彫られているらしい。

P1010173

なんじゃこりゃ?

P1010175

P1010176

皇帝はここに座ったんでしょうな。

P1010178

なかなか見事な天井ですな。

P1010179

中和殿をでる。中和殿の西側には、何やら西洋チックな建物がある。

P1010180

徳寿宮美術館らしい。

P1010181

こちらは石造殿という。

大韓帝国初代皇帝高宗が寝殿として建てたものだ。大韓帝国の近代化のための国策だったらしい。近代化=西洋かぶれという図式ですな。日本も同じやけど、なんだかなあ・・・

P1010184

おや?なんか行列が・・・

P1010183

スタバが無料で珈琲を配ってました。そこまで並ばなくとも・・・

P1010185

中和殿のすぐ北には、浚明堂、即阼堂、昔御堂がある。中和殿建立まで正殿であったところだ。浚明堂は普段、高宗が政務を行ったところでもある。

P1010187

P1010189

P1010190

木の窓に薄っすら残る緑の塗料がええ味だしとるなあと思っていたら、うっちょが「アオカビ」と言った。カビなんかな?

P1010191

オンドルの焚口かな?

P1010192

P1010193

障子が上に上がっている。普段はこうして換気をよくしているようだ。

P1010188

なんかイベントやっとるな。

P1010194

昔御堂である。

P1010195

P1010196

なにやらえらく雰囲気のある門がある。

P1010197

その前にトイレタイム!

トイレはいたって普通だった。

P1010198

静観軒という。高宗が珈琲を嗜む建物らしい。外国使節とも宴会したりしたらしい。

P1010199

こんなけ、がらんどうやと冬とか寒そうですな。

P1010202

静観軒の南には、徳弘殿と咸寧殿がある。こちら徳弘殿である。

P1010204

高宗が高級官僚や外国使節と接見する建物であり、内部は少し西洋チックだ。

P1010205

咸寧殿である。こちらは高宗が後年寝殿として使い崩御した建物である。

P1010206

ここまでうっちょと球児をほっといて、ほぼ一人ではしゃぎ放題であった。ふと見ると、うっちょと球児が咸寧殿の屋根を不思議そうに見ていた。

P1010207

P1010208_2

P1010209

こりゃなんだ!?これを二人は不思議そうに眺めていたわけだ。この置物の謎は二日目に解けることになるので、ここでは触れない。

こうして徳寿宮を後にした。

P1010210

出口付近に誰かいた。たぶん高宗でしょうな。

P1010212

さ、次行こっと・・・

« ソウル死闘編(その1:導入) | トップページ | ソウル死闘編(その3:南大門市場) »

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソウル死闘編(その1:導入) | トップページ | ソウル死闘編(その3:南大門市場) »