フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 鳥取遭難未遂事件の顛末(その3:三徳山Ⅲ) | トップページ | ソウル死闘編(その1:導入) »

2009年11月 2日 (月)

鳥取遭難未遂事件の顛末(その4:三朝温泉、奥津温泉)

三徳山から三朝温泉は近い。

三朝温泉は鳥取県三朝町にある温泉で、ラドンを含む温泉である。非常に高濃度のラドン含量であり、世界有数の放射能泉である。とはいうものの、健康被害などない。身体にいいので、ご心配なく。

このような特殊な温泉から、当時のメッカでもある。

伝承によると、源頼朝の家臣が源氏の再興を祈念し、三佛寺を訪れた際、白狼の命を救った。この狼が夢枕に現れ、源泉を教えたという。

P1010137

株湯にやってきた。この株湯は、先ほどの白狼伝説の源泉である。

P1010138

もちろん入浴もできるが、今回は、こちらで飲むだけにする。

味は・・・

温泉で美味いなんてないもんね。。。

P1010139

P1010140

続いて河原風呂にやってきた。

P1010143

ご覧のように、丸見えである。

それでは、ぎーさんお待ちかねの入浴タ~イム(◎´∀`)ノ

みんなオラを見てくれ!

後から男性が二人入ってきたが、一人は我々と同じように三徳山に行ってきたばかりだった。しばらく談笑すると、すっかり温まってしまった。というより湯当たり気味だ。ラドン泉、恐るべし・・・

温泉のあとは、道の駅で昼食をとった。

P1010144

とろろが美味かった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

場所は変わって、鳥取から岡山に入る。

その間、私は三朝温泉ですっかり疲れて爆睡してしまった。

P1010145

奥津温泉にやってきた。奥津温泉は岡山県鏡野町にある。湯郷、湯原と並び、美作三湯と呼ばれているらしい。泉質はアルカリ性単純泉である。

今回は、東和楼に入る。

何やら戦時中の地下軍事施設のような通路を歩くと、浴場に着いた。

P1010147

小っさ!でも、めちゃくちゃ湯が透き通っている。美しい。

湯はとてもやさしい感じがした。極楽じゃ~

風呂が出ると、少し散策した。

P1010149

そういやここは足踏洗濯で有名なんですな。元々、近くの山の熊や狼を警戒しての生活の知恵から生まれた洗濯方法らしい。

P1010148

ここでも河原に丸見え風呂がある。あそこで洗濯するんかいな?

奥津温泉を後にした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

途中、津山でホルモンうどんなるものを発見!

P1010150

先日行われたB-1グランプリで好成績をおさめたらしい。

ホルモンうどんというから、肉ウドンのホルモンバージョンかと思ったが、焼うどんのホルモンバージョンであった。

P1010151

食ってみる。これは美味い!普通のソースではなく、焼肉ソースみたいだ。結構お奨めである。

さて、食ったし帰るか・・・

おしまい。

« 鳥取遭難未遂事件の顛末(その3:三徳山Ⅲ) | トップページ | ソウル死闘編(その1:導入) »

鳥取県」カテゴリの記事

岡山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥取遭難未遂事件の顛末(その3:三徳山Ⅲ) | トップページ | ソウル死闘編(その1:導入) »