フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« ソウル死闘編(その6:Nソウルタワー後編) | トップページ | ソウル死闘編(その8:景福宮Ⅱ) »

2009年11月12日 (木)

ソウル死闘編(その7:景福宮Ⅰ)

平成21年10月4日。二日目開幕である。

朝ホテルを出る。ちょっとコンビニであまり美味しくないサンドイッチを買い食いした後、景福宮に向けて歩く。ホテルからはほぼ真北に約1kmなので、かなり近い。

町の外気は少し肌寒く、半袖Tシャツではいささか寒い。。。

P1010317

途中の世宗路の交差点で、妙な建物を発見した。高宗即位40周年記念碑を守る建物で、碑閣という。即位40年は、大韓帝国の初代皇帝になるなどがあったために、記念したものらしい。

P1010318

広い道のど真ん中に像が立っていた。

P1010319

李舜臣将軍像である。李舜臣といえば、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、ほぼ負け状態から勝利に導いた英雄である。

P1010321

そこから暫く歩くと、光化門(工事中)が見えてきた。光化門は景福宮の正門であるが、現在、復旧工事中である。復旧後にまた見てみたいものだ。復旧すれば、ここから入場することになるだろうが、今まだ工事中なので、入り口は景福宮の東側にある(光化門は南)。

景福宮は李氏朝鮮初代の李成桂が建立した王宮である。1395年創建であるが、文禄の役の際、全焼している。その後は、昌徳宮が正殿になり、270年間再建されなかったのだが、高宗の父、興宣大院君が1865年に再建した。韓国併合以降は、建物の大部分が取り壊され、朝鮮総督府が置かれた。

P1010322

東に向けて歩くと、東十寺閣があった。今は道路に取り残されているが、もともとは景福宮の施設で、物見櫓のようなものである。

P1010323

いよいよ景福宮に入る。

P1010324

入って暫く歩くと、チケット売り場があった。チケットを買おうとすると、どうやらクレジットカードが使えるようだ。というわけでカードでチケットを購入した。後ろからうっちょに、この様子を目撃されていたようで、後で、「300円未満のものによくカード使いますね。」と呆れられた。ま、記念ですな。明細が楽しみだ。ちなみに、私は1ドルの水を買うのにカードを使ったことがある。

P1010325

興礼門である。ここを抜けると有料ゾーンである。なんかシスター軍団がいるのが、気になる

P1010327

P1010329

勤政門である。景福宮の正殿である勤政殿に繋がる門である。光化門、興礼門、勤政門と三つの門が一直線に並んでいる。

P1010330

勤政門の前には鳳凰のレリーフがあった。そういえば、徳寿宮には龍のレリーフがあった。

P1010331

勤政殿である。重要な国家儀式などにしか使われない景福宮の正殿である。

P1010332

徳寿宮と同じように品階石があった。

P1010333

こんな感じで品階石が並んでいる。

P1010334

P1010335

P1010336

なかなかゴージャスな天井だ。

P1010342

二匹の龍が天井にあった。

P1010337

P1010343

勤政殿を見学したところで、次回へ続く。

« ソウル死闘編(その6:Nソウルタワー後編) | トップページ | ソウル死闘編(その8:景福宮Ⅱ) »

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソウル死闘編(その6:Nソウルタワー後編) | トップページ | ソウル死闘編(その8:景福宮Ⅱ) »