フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« ソウル死闘編(その8:景福宮Ⅱ) | トップページ | ソウル死闘編(その10:昌徳宮Ⅰ) »

2009年11月14日 (土)

ソウル死闘編(その9:土俗村)

参鶏湯(サムゲタン)といえば、韓国を代表するスープ料理である。私はまだ食べたことが無いが、噂では大層美味いそうな。。。

ソウル行きが決定したときから、参鶏湯を食すのが、私の希望と主張してきた甲斐があって、遂に念願が叶う。

P1010377

景福宮の西に、有名な参鶏湯の専門店、土俗村がある。

中に入ると、中庭のようなスペースを通り、奥の大座敷に通された。

P1010383

靴を脱ぎ、座敷に上がる。座敷には、テーブルがいくつもならび、まだお昼には早いにもかかわらず、そこそこのお客が入っていた。かなり人気店らしい。

早速、注文を聞きにきた。もちろん、参鶏湯三人分である。他に何かいるか?と聞いてきたので、チヂミも頼んだ。これは球児の希望である。何でも日本と本場でどう違うか興味があったらしい。

しばらくすると、参鶏湯がやってきた。

P1010378

では、早速頂く。ん?少し薄いか?塩を入れる。おぉ、これは美味い。

舌鼓を打ちながら、べらべらしゃべる。

私:しかし、昨日の焼き肉屋は感じ悪かったけど、ここはええ感じやね。

この発言に、隣の関西系おば様二名が反応した。

おばさん1:日本の人やね?私らも昨日、焼き肉にいったけど、感じ悪かったわ。

ここからいろいろ話したが、おば様の「・・・しはる。」という発言がでたところで、、、

私:ひょっとして大阪から来られたんですか?

おば様二名:いや、京都やで。

(語尾にはるをつけるのは、京都か北摂なのだ。なんとなく大阪にしたが、外れたようだ。)

おば様1:お兄ちゃんらは?

私:僕は神戸出身ですけど、彼ら二人(うっちょと球児)は福岡です。

おば様1:大学の友達かなんか?

私:いやいや、僕が福岡で仕事してて、職場の友達ですわ。

おば様2:ほんまぁ?ええなぁ。

P1010379

チヂミがきた。なかなか美味い。

おば様:美味しそうやね。鶴橋のチヂミとだいぶ違うなぁ。。。

(出た~、西日本最大のコリアンタウン。大阪の鶴橋!学生時代は環状線鶴橋駅で近鉄に乗り換えていたのだが、何度焼き肉のにおひに誘惑されそうになったことか・・・。思い出しただけで恐ろしい

この関西風味たっぷりのトークに、さすがコミュニケーション能力の高いうっちょはついてきた。伊達に、職場の女性に「関西の方ですか?」と言われただけはある。それでもいつもに比べると、おば様に押され気味の感がある。

この後、カジノの話しなどした。このおば様方、昨日我々が行ったカジノにいたらしい。時間的にずれていたので、遭遇はしていないのだが・・・

ちなみに関西話で盛り上がっている間に、球児は黙々と一言もしゃべらず、参鶏湯を貪り食っていた。また、デスノーのLみたいな食い方して・・・

やがて、おば様方は帰った。帰り際に、今から景福宮に行くというので、入り口が東側にあるから気をつけてと教えてあげると、そのことを知らなかったらしく、ありがたがられた。無事行けたのかな?

おば様が帰ると、球児も会話に復帰した。指摘すると、

球児:いやぁ~、あんまり美味しくて集中してました。

嘘っぽい。絶対関西風おば様避けてたやろ!(-ε-)

我々も食い終わったので、店を出る。

伝票はと・・・

どうやらテーブルに置かれた札を持っていくらしい。

ふと、うっちょがあることに気づいた。

P1010384

「計算の時きっと必要なる番号です」 

・・・きっと?

じゃ、必要じゃないときもあるの?

兎にも角にも、美味しいものをいただき、ご満悦である。

さて、昌徳宮に行くか!

« ソウル死闘編(その8:景福宮Ⅱ) | トップページ | ソウル死闘編(その10:昌徳宮Ⅰ) »

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソウル死闘編(その8:景福宮Ⅱ) | トップページ | ソウル死闘編(その10:昌徳宮Ⅰ) »