フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 鳥取遭難未遂事件の顛末(その4:三朝温泉、奥津温泉) | トップページ | ソウル死闘編(その2:徳寿宮) »

2009年11月 4日 (水)

ソウル死闘編(その1:導入)

平成21年10月3~5日に、うっちょと球児とでソウルに行ってきた。

球児は初海外である。うっちょと二人で彼のうろたえぶりを堪能しようという魂胆である。さてさて、どうなることやら・・・

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

平成21年10月3日。

やや早めに福岡空港にやってきた。私の朝は一杯の珈琲から始まる。珈琲でも飲んで、しばし、今回の旅の同行人、うっちょと球児を待つ。

しばらくすると、球児がやってきた。何やら、ズボンに泥がついている。ヨゴレの本領を発揮かと思いきや、朝出るときに、すっ転んでスライディングをしたらしい。前途多難である。

球児は、今回が初海外である。準備期間の折には、すっかりボケをかましてくれたものだ。そもそも、今年の初めくらいに、一度韓国行きを計画したのだが、そのときは、パスポートが即日発行されると信じて疑わなかった球児のドジっ子ぶりに諦めた敬意がある。今回、旅行会社で3人で相談に行ったのだが・・・

担当のお姉さん:何か質問はありますか?

球児:免税店って、何売っているんですか?

お姉さん、私、うっちょ:(絶句)

そんなもん聞くなー(≧ヘ≦)

続いて、出発二日前のこと、何やら不安を覚えた私は球児に電話した。

私:明日は出発二時間前に空港行かなあかんからね!分かってるよね!?

球児:へ?

・・・┐(´-`)┌

やはり東京に飛行機で行くのに、パスポートはいるか?と聞いてきた人は違いますな。ドジっ子属性なんていらんわー

話は戻る。

しばらくすると、もう海外慣れ?したうっちょがやってきた。無事チェックインを済ます。

その後はボディチェックである。私は無事クリア。球児もクリア。うっちょはまた鳴った。

去年のことはこちら

出国審査で球児がうろたえるかと思いきや、意外と普通であった。う~ん、入国審査でびびるかな?

出国審査を済ますと、軽く茶でもと行きたいところだが、ここ福岡空港国際線は非常にしょぼい。関空なら、いつものスタバでくつろぐのだが・・・

P1010153

大韓航空に乗り込む。

離陸をしたと思ったら、すぐさま軽食がやってきた。うっちょはやっぱりビールを飲んだ。昨年は、機内食でビールが飲めることに驚いていたうっちょもすっかり成長したものだ。

少し寝るかと思ったが、あっという間に着陸してしまった。飛行機が好きではない私でも、早すぎる。もう少し、楽しみたいものだ。

P1010155

仁川空港である。アジアのハブ空港を目指すだけあって、なかなか大きく、きれいだった。まあ、香港やクアラルンプールのほうがいい空港だと思いますがね。

P1010156

さて、入国審査である。

あれ?球児がびびってない。つまらん!(`ε´)

無事入国を済ますと、現地ガイドが待っていた。今回もフリーツアーで行ったので、ホテルの送迎はしてくれる。さすが、韓国とあって、女性客がたくさんいた。ガイドはなかなかの好青年で、去年の台湾の爺とは違い、好感が持てた。

台湾の爺はこちら

空港を出ようとすると、出入り口に清掃のおばちゃんが数人、うんこ座りでたべっていた。いや、休憩はいいけど、出入り口はやめよう、めがっさ邪魔やから・・・。軽くカルチャーショックを覚える。

やがて、送迎バスがやってきた。そして、縁石にぶつけた。うっちょは大爆笑であった。

うっちょ:こういうことが日常茶飯事なんでしょう?

ガイドのお兄さん:いや、韓国でもめったにありません。(苦笑い)

このバスの運ちゃん、大丈夫かいな?と不安を覚えつつ、バスに乗り込む。ガイドから注意事項等を聞く。車窓を楽しんでいると、巨大な噴水が上がっていた。なんでも日韓ワールドカップのときに造った噴水だとかで、めったに動いていないとのことだ。今回の旅は、なんかいいことがありそうな気がする。

球児待望の免税店に案内された(Q様はブイトンの財布を買いやがった!)あと、ホテルに着いた。

さて、早速出かけますかね。

続く。

« 鳥取遭難未遂事件の顛末(その4:三朝温泉、奥津温泉) | トップページ | ソウル死闘編(その2:徳寿宮) »

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥取遭難未遂事件の顛末(その4:三朝温泉、奥津温泉) | トップページ | ソウル死闘編(その2:徳寿宮) »