フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 鳥取遭難未遂事件の顛末(その1:三徳山Ⅰ) | トップページ | 鳥取遭難未遂事件の顛末(その3:三徳山Ⅲ) »

2009年10月29日 (木)

鳥取遭難未遂事件の顛末(その2:三徳山Ⅱ)

文殊堂を出発する。

P1010092

いきなりとんでもない道になった。

P1010093

ちょっと足を踏み外せば、がけ下に落ちてしまう。

P1010094

かつてここで転落事故が実際にあったらしい。

P1010096

しばらく行くと、地蔵堂があった。作りは先ほどの文殊堂に似ている。ここでは休憩を取らず、先へ進む。

P1010097

地蔵堂のすぐ近くには、鐘楼堂がある。

P1010099

まだ険しい道が続く。

この先の馬の背、牛の背という難所(行きはまったく難所と思いませんでした。)をクリアすると、納経堂が見えてくる。

P1010100

P1010101

納経堂である。

その先には、

P1010102_2

洞窟に収まるように、観音堂がある。

P1010103

P1010105

観音堂の後ろが通り道である。暗いじぇ~(*゚∀゚)=3ハァハァ

P1010106

観音堂を抜けると、すぐに元結掛堂がある。

P1010107

まもなく投入堂らしい。

P1010108_2

それにしてもこの観音堂だけでもかなり面白いつくりだ。

P1010109

観音堂の上は、このように岩山である。

さて、投入堂に向けて歩く。

やがて、投入堂が見えた。

P1010112

かなりショッキングなお堂だ。崖にへばりついているようにしか見えない。どうやって入るのかも想像がつかない。一般の参拝客は、お堂には入れないが・・・

P1010111

投入堂のすぐ手前には、同じように不動堂がへばりついている。

不動堂に近づいてみる。

P1010114

不動堂の基礎もなんとも、落ちないのが不思議な絶妙なバランスだ。

P1010115

えらいとこですな~

P1010113

不動堂と同じ目線から・・・

P1010118

投入堂の基礎である。う~ん、絶妙なバランスですね~

P1010119

この投入堂は、平安時代のものだそうだ。こんなものがよく平安の昔から今まで残っているものだ。不思議で仕方ない。

蔵王権現を安置するためのお堂であり、左隣に密かに愛染堂が付随している。

役小角が神通力でエイヤーとお堂を平地から投入れたという伝説から、その名がある。すごい話ですなあ。。。

私もJINも大興奮ではしゃぎまくっている傍らで、タオルを頭から被り、静に体力の回復を待つぎーさん。

「温泉はまだですか・・・?監督・・・」

Cocolog_oekaki_2009_10_29_21_21

さて、下山しますかね。。。

« 鳥取遭難未遂事件の顛末(その1:三徳山Ⅰ) | トップページ | 鳥取遭難未遂事件の顛末(その3:三徳山Ⅲ) »

鳥取県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。