フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 鳥取遭難未遂事件の顛末(その2:三徳山Ⅱ) | トップページ | 鳥取遭難未遂事件の顛末(その4:三朝温泉、奥津温泉) »

2009年10月30日 (金)

鳥取遭難未遂事件の顛末(その3:三徳山Ⅲ)

投入堂を後にし、下山する。

P1010120_2

馬の背だか牛の背だかを降りる。行きはあまり気にならなかったが、帰りは非常に怖かった。

P1010121_2

いい景色だ。

P1010122_2

三徳山は行きより帰りのほうが危ないという。投入堂に行ったために、達成感に浸ってしまい油断し安いのもあるのだろう。まあ、単純に下り坂が非常に滑りやすいのもあると思うが・・・。

P1010123_2

そんなとこに立っていると危ないぞぉ~

P1010128_2

危険な下り坂はまだまだ続く。

P1010129_2

P1010130_2

これが道と呼べるのやら・・・

P1010131_2

P1010132_2

ほうほうのていで下りてきた。

入山受付で無事の下山を報告する。

P1010133_2

改修工事エリアでなんとも歴史のありそうな仏像があった。仁王さんかな?

P1010134_2

本堂エリアで無料サービスのドクダミ茶をもらった。苦かった。

P1010135_2

最後に宝物館を見学する。ここには、蔵王権現など貴重な仏像がたくさん展示されている。中でも驚きは、何気なく展示ケースの前に置かれた丸太に体重を預けて仏像を眺めていたのだが、実はこの丸太、投入堂の柱であった。国宝がこんなに無造作に置いてあるとは・・・。

P1010136

こうして三徳山三佛寺の見学を終えた。次回はいよいよぎーさんお待ちかねの温泉である。

« 鳥取遭難未遂事件の顛末(その2:三徳山Ⅱ) | トップページ | 鳥取遭難未遂事件の顛末(その4:三朝温泉、奥津温泉) »

鳥取県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥取遭難未遂事件の顛末(その2:三徳山Ⅱ) | トップページ | 鳥取遭難未遂事件の顛末(その4:三朝温泉、奥津温泉) »