フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅(その14:目黒不動尊) | トップページ | 八女珍スポ紀行(その1:霊巌寺) »

2009年10月18日 (日)

関東文化的探求の旅(その15:五百羅漢寺)

いよいよ今回の旅もフィナーレである。最後の訪問地は、目黒の五百羅漢寺である。

Img_4501

近代的なビルディングに目を疑う。ともかく入場する。

Img_4502

全然、お寺っぽくないが、実はとても歴史のある寺で、創建は1695年である。

ここが有名なのは、羅漢像である。その数、実に287体、他の彫像も含めると、305体である。

Img_4505

羅漢像の多くは、羅漢堂に安置されている。江戸時代には栄えた羅漢寺であるが、その後、衰退し、復興したのは、昭和になってからだ。その間に、多くの羅漢像が失われたらしい。当初は、羅漢以外も含めて、536体もあったらしい。昭和56年に、このような近代的なビルディングになった。もうちょっと考えて、復興したらいいのに・・・

羅漢堂の羅漢さんを見ていると、それぞれが様々な表情をしており、大変面白い。寺の情緒はないが、この羅漢像は大したものだ。

Img_4503

本堂である。

Img_4504

ここには、本尊の釈迦如来と羅漢さんが勢ぞろいである。なかなか面白い。

羅漢さん以外、特に見るものがないので、五百羅漢寺をでた。江戸時代の羅漢寺には、あのさざえ堂があったらしいので、是非、当時のままの姿を見たかった。。。

こうして、今回の旅を終えた。

« 関東文化的探求の旅(その14:目黒不動尊) | トップページ | 八女珍スポ紀行(その1:霊巌寺) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東文化的探求の旅(その14:目黒不動尊) | トップページ | 八女珍スポ紀行(その1:霊巌寺) »