フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 熊本城Ⅲ | トップページ | 関東文化的探求の旅(その1:鷲宮神社) »

2009年9月16日 (水)

有田焼物紀行

平成21年8月23日。

前日よりぎーさんが遊びに来ている。今日、帰神するが、そのまえに、有田に行った。

ご存知の通り、有田焼で有名な有田である。

有田に着いた。思いのほか、人気がない。?何で?

まずは、香蘭社にやってきた。

Img_4195

有田では結構大手のメーカーである。店内を物色したが、特に要りようの食器も無いので、何も買わずでてきた。いいなと思うものはたいてい高い。

香蘭社を見学した後、陶山神社にやってきた。有田焼陶祖を祀る神社である。

Img_4196

ここは結構有名な珍スポットで、境内を線路が通っている。

Img_4197

石段の途中でJRの線路があり、とても不思議な光景だ。

Img_4198

線路を渡ると、いよいよ本格的に境内である。

Img_4199

Img_4200

石段をひたすら上る。

Img_4201

磁器製の鳥居である。いかにも焼物大国有田らしい。

Img_4202

鳥居をくぐると拝殿があった。

Img_4203_2

ふと傍らを見ると、磁器の水瓶が・・・

Img_4204

Img_4205

狛犬まで磁器製である。

Img_4206

燈篭も磁器である。

Img_4207

さっそく参拝する。陶山社と書いてあるのも磁器の皿?である。

Img_4208

ふと本殿のほうを見ると、磁器の欄干があった。江戸末期のものらしい。大変美しい。

Img_4209

Img_4210

Img_4211

摂社もいくつかあった。

さて、戻ろう。踏切まで来ると、ちょうど電車がやってきた。

Img_4212

遮断機が無いので、結構恐ろしい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

少し車で移動し、やってきたのは、柿右衛門釜である。

Img_4214

ご存知、有田といえば、柿右衛門である。

Img_4215

ある程度覚悟はしていたが、たまげる値段だった。まあ、十万円台がごろごろと・・・

Img_4216

奥の展示場は、売り物ではない。先代や先々代、さらに当代の柿右衛門の作品が展示されている。うっとりする私とぎーさん

いい物を見せてもらった。

有田を後にし、武雄温泉に寄った。

Img_4217

Img_4219

Img_4218

温泉にぎーさんを漬ける。ぎーさんもすっかりご満悦だった。               

武雄温泉については、前回を参照のこと。

ほっこりしたところで、博多に向かう。

・・・博多にてぎーさんを見送り、今回の旅を終えた。

« 熊本城Ⅲ | トップページ | 関東文化的探求の旅(その1:鷲宮神社) »

佐賀県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。