フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 熊本城Ⅱ | トップページ | 有田焼物紀行 »

2009年9月15日 (火)

熊本城Ⅲ

本丸御殿を見学し終え、そろそろ「いきなり団子」が食いたくなった。その前に、少し散策する。

Img_4172

数奇屋丸である。接客用で茶会や歌会を催す場所らしい。

Img_4174

数奇屋丸の手前に地図石というものがある。

Img_4173

この微妙な石組みが地図石たる由縁らしいが、何度説明を見ても、何故地図なのか理解できない。

Img_4175

こちらは宇土櫓である。宇土城を移築したということから、その名があったが、どうやらガセだったようだ。

Img_4177

こちらから中に入れる。

Img_4178

なんとなく気になったので、あまり乗り気ではないぎーさんを説得し、中に入ると、ご覧の通りのレトロ調である。

Img_4179

創建当時のまま残る唯一の櫓である。熊本城で今や、ここが一番価値があるのでは?

Img_4180

城壁を上る敵兵に、石か糞かを投げつけるのだろうか?

Img_4181

Img_4182

Img_4183

階段を上がる。

Img_4184

Img_4185

頂上のようだ。

Img_4186

宇土櫓から見る天守閣も、なかなかオツである。

Img_4187

見晴らしもよく、涼しい。すっかりほっこりしてしまった。

地上に降りて、いきなり団子を探す。

Img_4188

こんなものを見つけた。「いもやぐら」と称す。カキ氷にいきなり団子が乗っている。

食べてみた。

・・・微妙?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Img_4189

熊本市内にて、天草大王の水炊きを食べることにした。

とりあえず、熊本といったら「馬刺し」を頼む。

Img_4190

あまりの美味さに、少し食べてから、写真の撮り忘れに気づいた。。。

Img_4192

馬、美味いわぁ~。。。

水炊きがやってきた。

Img_4191

Img_4193

完成したので、いただく。

美味い!だが、博多風の水炊きは、やはり博多に一日の長があるようだ。

お腹に一杯になったので、家に帰る。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

途中で平山温泉にて、ぎーさんを湯に漬けた。温泉好きだが、からすの行水のぎーさんもご満悦?だった。

 

 

             

« 熊本城Ⅱ | トップページ | 有田焼物紀行 »

熊本県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。