フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 長崎珍道中(その12:亀山社中資料展示場~若宮稲荷神社) | トップページ | 長崎珍道中(その14:眼鏡橋) »

2009年8月31日 (月)

長崎珍道中(その13:興福寺)

興福寺といっても、今阿修羅ブームを起こしている寺ではない。あっちは奈良である。

ちなみに奈良の興福寺はこちら

Img_4032

興福寺の山号は、東明山である。日本最古の黄檗宗のお寺で、山門が赤いところから、「あか寺」と呼ばれるらしい。

Img_4033

1624年に創建されたもので、インゲン豆の隠元さん縁の寺でもある。

Img_4034_2

山門をくぐると、斎藤茂吉の歌碑があった。

Img_4035

本堂の大雄宝殿である。まったく日本のお寺の雰囲気はない。さすが黄檗宗だ。

Img_4036

こちらは鐘鼓楼である。

Img_4037

早速本殿を拝観する。

Img_4038

天井から釣り下がっている瑠璃燈は上海から運ばれたものらしい。

Img_4039

本殿の左手には、媽祖堂がある。

Img_4040

Img_4041

媽祖とは航海の神様である。その前には、二つの鬼神がいる。今まで散々揶揄してきたが、「順風耳」と「千里眼」である。順風耳は千里先の風向きを感じ取り、千里眼は千里先を見通し、媽祖を守る役割を持つ。

Img_4043

Img_4044

Img_4045

やっぱ何かアフレコしたくなるなあ。。。

Img_4047

Img_4048

他にもいろんな方がいらっしゃる。

再び本殿へ・・・

Img_4049

Img_4050

Img_4052

Img_4053

Img_4054

いろんな方がおりますえ。。。

Img_4055

魚~

Img_4057

三江会所門である。

Img_4060

門の向こうは、庭だった。

Img_4059

ちなみに門の敷居が高いのは、豚が入らないようにするための中国の様式だとか・・・

Img_4061_2

なかなかエキゾチックなお寺であった。

                

 

 

« 長崎珍道中(その12:亀山社中資料展示場~若宮稲荷神社) | トップページ | 長崎珍道中(その14:眼鏡橋) »

長崎県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎珍道中(その12:亀山社中資料展示場~若宮稲荷神社) | トップページ | 長崎珍道中(その14:眼鏡橋) »