フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 長崎珍道中(その8:グラバー園Ⅱ) | トップページ | 長崎珍道中(その10:崇福寺) »

2009年8月10日 (月)

長崎珍道中(その9:グラバー園Ⅲ)

グラバー園もいよいよ最後の旧グラバー住宅を残すのみである。

Img_3897

階段を下りると・・・

Img_3900

旧グラバー住宅である。1863年に建てられた日本最古の木造西洋風建築物ということだ。オルト住宅、リンガー住宅と同じく、国の重要文化財である。

中に入る前に、グラバー住宅といえばアレというやつを探す。

Img_3905

あった!

Img_3903

ハート型の敷石である。触ると、恋愛成就とやらで、やたら女性が集っていた。

Img_3906

これで、ばっちりやな( ̄ー ̄)ニヤリ

Img_3907

そろそろ中に入るとしよう。。。

Img_3909

Img_3912

Img_3913

ありえないくらい背の高い姿見が玄関にある。グラバー氏が巨人だった言うわけではない。この姿見で玄関から入る太陽光を反射させ、室内を明るくする装置なのである。

Img_3914

倉場富三郎氏である。グラバー氏の息子である。グラバー嫁は日本人なので、ハーフである。トロール漁業を日本に導入した人物で、グラバー図譜の生みの親でもある。

Img_3915

Img_3916

おぉ!豪勢な料理(レプリカ)である。

Img_3918

Img_3919

Img_3920

和洋折衷ですなあ・・・

Img_3921

狛犬である。麒麟麦酒のラベルのモデルといわれている。

Img_3922

家の中に温室があった。なかなか奇抜な造りだ。

Img_3923

Img_3924

廊下を歩いていると、天井が開いていた。

Img_3926

Img_3927

隠し部屋だそうだ。勤皇の志士たちが隠れて密談したとか・・・

Img_3928

鏡が張ってあり、内部構造が分かる仕組みになっている。一生懸命に内部を見ようとしたが、よく分からなかった。

Img_3929

台所である。ここの床の煉瓦は、こんにゃく煉瓦というそうな。。。こんにゃくのような形だかららしいが、こんにゃくの形って、明確なものあったっけ?

Img_3930

なんか鬱蒼としたところを通った。

Img_3931

グラバーは~んヽ(´▽`)/

Img_3932

外に出た。さきほどの温室である。

Img_3902

これにて、旧グラバー住宅は終了である。移動する。

Img_3933

何やら変わった門ですな。

Img_3935

レストハウスのあたりで女性たちが這いつくばって何か探していると思ったら、これだった。恋する乙女は怖いですな。一瞬達川のコンタクトを探す、達川と同僚たちかと思った。

完全にグラバー園を制覇したと思っていたら、何やら新しい建物に強制的に入れられた。

Img_3936

Img_3938

長崎伝統芸能館である。

Img_3939

Img_3940

長崎くんちの資料を展示しているらしいが、前来た時、こんなんあったっけ?特に必要性は感じなかった。

グラバー園散策終了。   

 

   

 

    

      

   

   

« 長崎珍道中(その8:グラバー園Ⅱ) | トップページ | 長崎珍道中(その10:崇福寺) »

長崎県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎珍道中(その8:グラバー園Ⅱ) | トップページ | 長崎珍道中(その10:崇福寺) »