フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 森林浴に行った件について(その3:チブサン古墳) | トップページ | 長崎珍道中(その1:導入) »

2009年7月22日 (水)

筑後川昇開橋

平成21年7月12日。

ふいに暇になった日曜日。筑後川昇開橋のほうに温泉があると聞いていたので、入りに行くことにした。そういや、筑後川昇開橋も満足に見たことないにゃーーー

大川昇開橋温泉に入るので、そこの駐車場に車を停めると、橋の見物に・・・

何やら橋の手前の公園でご老体たちが将棋を楽しんでいた。

Img_4074

階段を上がると、橋の手前にある建物に目がいく。

Img_4075

鐘が叩けるかと思いきや、紐がついていなかった。

Img_4076

筑後川昇開橋とは、国鉄佐賀線がかつてあったときに、筑後川を横断していた橋である。筑後川はかつてより船の航行が多い。また、有明海の干満差は半端ではないので、満潮になっても船が不自由なく航行できるように、昇開橋というシステムが提案されたのだ。

Img_4077

筑後川の西側は佐賀県になる。福岡県側には筑後若津駅があったようだ。さっきのしょぼい鐘付きの小屋は駅舎のつもりか?

Img_4078

筑後昇開橋は、1935年に竣工した。同年に開業して以来、1987年の廃線まで働いてきたが、その後沈黙。1996年に遊歩道として復活した。2003年に国の重要文化財に指定されている。

Img_4079

左側には、この後入る予定の大川昇開橋温泉がある。

Img_4080

さて、渡りましょうか。。。

Img_4081

昇開部分の手前には、係りのおじさんが門番をしていた。観光用に現在でも、時間を決めて昇降させている。

Img_4082

昇開部分である。ここの床板は鉄だった。ところどころ錆びている。

Img_4083

昇開部分は、23メートル昇り降りする。

Img_4084

向こう岸は佐賀県である。

Img_4085

別に佐賀まで行くこともなかろう・・・ということで戻る。

さて、温泉であるが、ロケーションは最高である。浴場から橋がよく見えるからだ。のんびり湯に浸かりながら、橋が昇る姿を眺めた。

おしまい。       

   

« 森林浴に行った件について(その3:チブサン古墳) | トップページ | 長崎珍道中(その1:導入) »

福岡県」カテゴリの記事

佐賀県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 森林浴に行った件について(その3:チブサン古墳) | トップページ | 長崎珍道中(その1:導入) »