フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« お伊勢参りに行こう!(その5:おかげ横丁) | トップページ | 森林浴に行った件について(その2:菊池神社) »

2009年7月15日 (水)

森林浴に行った件について(その1:菊池渓谷)

平成21年5月11日。特にすることもない休日。

どっか温泉でも行くかあーと思い立ち、とりあえず、熊本方面に車を走らせることにした。山鹿のほうに行きゃー、温泉くらいあるじゃろー。。。そういや菊池渓谷って行ったことないにゃーということで、やってきた。

Img_3582

菊池渓谷は阿蘇くじゅう国立公園の一部で、阿蘇市と菊池市に跨る渓谷である。

Img_3583

いっちょ森林浴と行きますか。。。

Img_3584

Img_3585

管理事務所脇の橋を渡ることから、遊歩道が始まる。

Img_3587

清流ですなあ。

Img_3588_2

山道を歩く。マイナスイオン発生中なのか、とても清清しい。

Img_3589

八十八箇所地蔵?思わぬ魅力的な看板に色めき立つ私だったが、今回の散策では見つけることができなかった。

Img_3591

Img_3592

美しいねぇ(*´д`*)ハァハァ

Img_3595_2

黎明の滝である。滝から飛び散る飛沫に日光が反射する様子が夜明けを思い起こすという、ちょっと強引な印象からその名がついたらしい。

Img_3597

ここらの杉は185年前に植えられたものらしい。

Img_3599_2

Img_3600_2

Img_3601

まだまだ遊歩道は続く。

Img_3602

Img_3603

この橋より折り返すと、短距離コースだが、私はもうちょっと先まで行くことにした。

Img_3604

龍ヶ渕である。

Img_3605

Img_3606

滝の下流はこんな感じである。

Img_3609

滝つぼである。

Img_3610

暫く歩くと、少し開けた場所に来た。

Img_3611

この先に四十三万滝がある。

Img_3612

四十三万滝である。昭和9年に九州日日新聞が景勝地を募集したところ、四十三万票獲得し、一位になったという滝である。う~ん

Img_3616

Img_3618

確かに美しい風景である。

Img_3619

広河原があるらしい。

Img_3620

確かに河原だ。

Img_3621

Img_3623

広河原を暫し散策する。

Img_3624

Img_3625

名水百選の石碑があった。ここが、遊歩道の折り返し地点である。

Img_3626

少し奥まったところに、水天宮があった。

Img_3629_2

旅の安全を祈願する。

Img_3627

この橋を渡れば、帰り道である。

Img_3630

Img_3631

Img_3632

ここからは、もときた道を川の反対側から下るだけなので、特に見物することも無く、黙々と帰るのみである。

Img_3634

スイゼンジノリという藍藻の一種の発生地という看板があった。かつて、藻類を少しかじった私としては、気になる存在だが、本当に生えとるんかいな?

Img_3635

さあ、汗かいた。温泉にでも行こうっと! 

   

       

    

    

   

 

   

 

« お伊勢参りに行こう!(その5:おかげ横丁) | トップページ | 森林浴に行った件について(その2:菊池神社) »

熊本県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。