フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« ローマな休日(その38:フィウミチーノ空港にて・・・) | トップページ | 大阪を歩く!(その2:大阪天満宮) »

2009年5月18日 (月)

大阪を歩く!(その1:法善寺)

平成21年3月2日。

昨日は、四度目の篠山マラソンに出走し、無事完走を遂げた。今年は、いつも勝ってきた幼馴染に完敗してしまった。御仁は、ベストを三十分くらい更新したのではあるまいか?勝因は?と聞くと、マラソン用の靴にしたから・・・。今まで、普通の運動靴だったようだ。レース前に普通に朝食を取ってきたにもかかわらず、持参したおにぎりとバナナを食し、会場で唐揚とお好み焼きを堪能していたし・・・。規格外ですな。。。ショックだ。。。

ま、そんな傷心を癒すべく、大阪をうろつくことにしてみた。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

まずは、大阪はミナミにある法善寺である。

Img_3144_3

法善寺と言えば、法善寺横丁。2002年、2003年に火災で被害があったが、無事復興している。ま、ちょっとした飲み屋とかがある。

Img_3145

私の目的はこちらである。

Img_3146

法善寺である。浄土宗のお寺で山号は天龍山である。本尊は阿弥陀如来であるが、この法善寺で最も有名なのは、こちらだ!

Img_3150

水掛不動尊である。

Img_3152

参拝客が永年、ひたすら水をぶっ掛けた成果が、この苔まみれ状態である。それにしてもすごい苔だ。

Img_3149

不動明王といえば、怖い顔しているが、これではまったく表情が分からない。ちょうど参拝に来ていたマダムがおっしゃるには、マダムの子供の頃は、まだ不動様の表情が分かったらしい。どのような顔をしていらしたのやら・・・

Img_3154

ところで、こちらの不動尊の眷属である童子像が破壊されるという事件が2008年にあった。全くもって胸糞悪い話だ。私が見たときは、破壊され、修復された後であったが、傷口はよくわからなくなっていた。ま、苔で隠れていたのかな?

Img_3153_2

この水を柄杓で掬い、ぶっ掛ける。

Img_3148

手水鉢に水がなくなれば、足元のバケツから補充する。

で、このバケツの水はどこから汲んでくるかというと・・・

Img_3155_2

こちらの井戸である。この一連の作業は、ちょうど参拝に来ていたマダムが行っていた。大変勉強になった。

Img_3147

こちらは金比羅堂である。法善寺は江戸時代からの寺であるが、現在あるのは、水掛不動尊とこちらの金比羅堂のみである。

また、法善寺のすぐ近くには、小説「夫婦善哉」で有名な夫婦善哉というお店がある。ちなみに、私は食べたことがない。

さ、次行こうっと・・・

      

« ローマな休日(その38:フィウミチーノ空港にて・・・) | トップページ | 大阪を歩く!(その2:大阪天満宮) »

大阪府」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。