フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 大阪を歩く!(その1:法善寺) | トップページ | 下関決闘編!(その1:唐戸市場) »

2009年5月21日 (木)

大阪を歩く!(その2:大阪天満宮)

大阪には夏に天神祭という一大イベントがある。祭に参加しない人にとっては、電車が満員になったり、人だらけで暑苦しかったり、いろいろと面倒くさいものだが、とにかく盛り上がる。

その天神祭は、大阪天満宮のお祭りである。

そういや、大阪天満宮って、参ったことないなあ・・・

ということで、やってきた。

Img_3157

楼門をくぐる。

Img_3158

菅原道真は藤原時平によって、大宰府にさせられた。大宰府に向かう際、この地にあった大将軍社に参詣した。道真の没後、大将軍社の前に七本の松が生え、光を放ったという。このため、村上天皇が天満宮を建立したとか。。。

Img_3159

早速お参りをしよう。。。

Img_3161

ちなみに現在の本殿は江戸時代のものだ。本殿は今まで何回か燃えており、大塩平八郎の乱では全焼しているらしい。

何やら両側に梅が陳列されている。

Img_3162

右は普通の梅だが、樹齢が約百十年とかいている。百年物の盆栽か・・・

Img_3163

左は紅梅のようだが、樹齢が約二百八十年ともっと古い。すごいね。。。

Img_3164_2

どうつっこんでいいのやら?やっぱ学問の神様だから?

Img_3165_2

天神さんといえば、牛である。

Img_3166

和魂漢才碑である。和魂漢才とは、日本の魂に中国の学問の才、大和魂を失わずに、中国の学問を取り入れるというような意味らしい。菅原道真著と言われる(現在では、もっと後世の偽書とされている。)菅家遺誡が出展元らしい。幕末から明治に、和魂漢才をもじった和魂洋才という言葉が大流行となったことから、各地の天神さんに和魂漢才碑が建てられているらしい。

Img_3167

神武天皇の東征の記念碑である。全国に何箇所かあるらしいが、ここのものは、神武天皇が難波之埼に上陸した記念らしい。紀元二千六百年奉祝祭のときに建てられたらしい。

Img_3168

老松神社という摂社だ。住吉大神と神宮皇后がご祭神だ。

Img_3170

こちらは、大将軍社である。大阪天満宮建立のきっかけとなった神社であるが、現在は摂社である。拂暁祭(ふつぎょうさい)というお祭りをして、その収入を借地料として納めているらしい。。。なんか変な感じである。

今回、盆栽祭りをやっていたせいか、参拝客でにぎわっていた。そんな中、私は甘酒で暖をとるのであった。ほっこり・・・

おしまい。

   

   

« 大阪を歩く!(その1:法善寺) | トップページ | 下関決闘編!(その1:唐戸市場) »

大阪府」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。