フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 中国大返し(その4:耕三寺前編) | トップページ | 中国大返し(その6:耕三寺後編) »

2009年1月12日 (月)

中国大返し(その5:耕三寺中編)

岩場に洞穴が開いている。

Img_2060

千仏洞地獄峡という。さっそく中に入る。

Img_2061

早速、お地蔵さんご一行様である。

Img_2062

壁には十六羅漢が埋め込まれている。

Img_2063

おやおや、閻魔様のようですな。。。これから地獄が始まるようだ。

Img_2064

壁に八大地獄のレリーフが飾られている。まずは、火車で地獄まで送迎してくれる。

Img_2065

初級の等活地獄。殺されては、極卒のレイズをかけられ、等しく生き返らされるということから、等活地獄と言う。悲惨やね。

Img_2066

黒縄地獄。黒縄とは、大工道具の墨糸のことらしい。墨糸とは、材木を切り出す時に、目印の線を引く道具だ。これで目印をつけて、極卒にばらばらにされるらしい。それにしても、ばらばらにするのに、別に目印付けんでもええんじゃないの?適当でいいやろうに・・・。

Img_2067

衆合地獄。鉄の山が崩れて、つぶされる。また、剣の林の木の上に美人で誘惑するので行ってみると、美人は木の下にスーパーイリュージョン。この昇り降りを繰り返し、血みどろに・・・。いやっ、行かんでええやん!

Img_2068

叫喚地獄。シンプルに釜で煮られたり。。。泣き叫びまっせ。

Img_2069

大叫喚地獄。叫喚地獄よりでかい釜で煮られる。釜の大きさは関係あるのか?

Img_2070

焦熱地獄。とにかく、めっさ熱くて、それまでの地獄の炎が雪のように冷たく感じるらしい。目口鼻とかに細かく分解されて、焼かれるらしい。そのまま焼かれるほうが、つらいやろ?それにしても、極卒さんは、重労働だ。火傷とかしたら、労災おりるんかな?

Img_2071

大焦熱地獄。焦熱地獄のパワーアップ版ですな。

Img_2072

最後は阿鼻地獄である。とても筆舌に尽くしがたい責め苦を受けるのだ。そもそも地獄の最下層なので、到着までに2,000年落ち続けるらしい。最悪である。

いやぁ、地獄には行きたいものですね。でも飲酒は叫喚地獄行きらしいですよ

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

Img_2073_2

今度は、六道の勉強をさせてくれるらしい。まずは、地獄道。

Img_2074

餓鬼道。

Img_2075

畜生道。

Img_2076

修羅道。

Img_2077

人間道(生苦)。

Img_2078

人間道(老苦)。

Img_2079

人間道(病苦)。

Img_2080

人間道(死苦)。

・・・人間道って、生まれること自体が苦しみなんですな。。。テンションが下がる。

(´・ω・`)ショボーン

Img_2081

最後が天道である。一見、天道が一番良さそうだが、晩年は悲惨になるらしい。どっちみち、どこに転生しようが、苦しみがあるということで、唯一の救済は、輪廻からの解脱になる。がんばって、修行せぇということやね。

レリーフによるお勉強が済むと、今度は、再び彫刻群が現れた。

Img_2082

Img_2083

Img_2085

Img_2086

Img_2087

すっかり、千仏洞地獄峡を堪能した。これだけでも1,200円の価値はあったか?

あぁ、勉強になった。地上に出た。

次回へ続く。 

« 中国大返し(その4:耕三寺前編) | トップページ | 中国大返し(その6:耕三寺後編) »

広島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国大返し(その4:耕三寺前編) | トップページ | 中国大返し(その6:耕三寺後編) »